奈良県東京事務所情報発信課 公式ホームページ

イベント案内

過去のイベント

慶派 -奈良の再興を果たした仏師たち- new

平成25年4月11日(木)~平成25年4月23日(火)

興福寺南円堂の不空羂索観音菩薩坐像を作った康慶をはじめ、円成寺多宝塔の大日如来坐像を作った運慶、東大寺勧進所の僧形八幡神坐像を作った快慶など、写実的で躍動的な作風を特徴とする仏師たちは、名前に「慶」の字が付くことが多いことから「慶派」と呼ばれています。
平安後期におこった仏師の一派で、奈良を中心に活躍したことから「奈良仏師」とも呼ばれ、当時、衰退していた数々の寺院の再興に力をつくし、現在、慶派によって作られた仏像の多くが国宝に指定されています。
このような慶派仏師の活躍によって鎌倉時代に復興を成しとげた興福寺では、創建1200年を記念して、この春、南円堂の特別公開が行われます。

興福寺南円堂 国宝 不空羂索観音菩薩坐像
 

過去のイベント一覧に戻る

奈良まほろば館(奈良県東京事務所 情報発信課)

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-6-2日本橋室町162ビル1F・2F
TEL:03-3516-3931
FAX:03-3516-3932
(1Fショップ直通:03-3516-3933