奈良県東京事務所情報発信課 公式ホームページ

講座案内

過去のイベント

奈良トライアングルミュージアムズ「巡る奈良公園芸術セミナー」 new

平成23年9月17日(土)13時30分~15時30分

第3回「正倉院展へ行こう!」

世界遺産に登録された文化財、自然がいっぱいの奈良公園・・・。
この公園のもう一つの魅力は、文化芸術にあふれたスポットが数多く点在していることです。
今回奈良トライアングルミュージアムズの取組の一つとして、「巡る奈良公園芸術セミナー」を
開催し、奈良公園散策でぜひ訪ねていただきたい博物館、美術館の魅力を紹介します。

【奈良トライアングルミュージアムズとは?】
 様々な文化財と奈良のもつ歴史・文化的景観の有機的な連携を念頭に、新たな奈良文化を情報発信する一助として、平成22年度から奈良国立博物館・奈良県立美術館・入江泰吉記念奈良市写真美術館の3館が連携し、情報リーフレット「奈良トライアングルミュージアムズ」を発行するなど、文化施設の周遊を促進する取り組みを行っています。

第3回「正倉院展へ行こう!」

1.日時 : 平成23年9月17日(土) 13時30分~15時30分
2.会場 : 奈良まほろば館2階
3.講師 : 西山 厚(にしやま あつし)氏/奈良国立博物館 学芸部長
4.受講料 : 無料
5.定員 : 70名(先着順)
6.申込方法 :定員に達しましたので、締め切りました。
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※限られた定員のため、申込後に欠席される場合は事前にお知らせください。

 
○内容
奈良の秋は「正倉院展」の季節。今年は63回目です。8世紀に制作された素晴らしい文物が、これほど多く、大切に護られながら今日に伝わっている場所は、世界でも正倉院しかありません。聖武天皇が亡くなった時に、天皇が大切にしていた品々を光明皇后が東大寺の大仏に献納したのが正倉院宝物の始まりですが、なぜ光明皇后は手元に留めておかなかったのでしょうか。献納先はなぜ大仏だったのでしょうか。そのわけを知ると、正倉院展に行きたくなります。
 
   ○奈良国立博物館(1895年開館)
東大寺、興福寺、春日大社などに囲まれた奈良公園の一角に位置し、寺院・神社をはじめとした文化財所有者の協力を得て、特に仏教と関わりの深い古美術品や考古遺品などの文化財の保存を図り、調査・研究をおこなうとともに、展示を通して仏教への信仰が生み出した優れた美術の魅力と、その背景にある豊かな歴史・文化について伝えることを目的としています。
 
   ○西山 厚(にしやま あつし)
1953年徳島生まれの伊勢育ち。京都を経て、今は奈良在住。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。専門は日本仏教史。鎌倉時代の仏教への関心から始まり、時代と内容を次第に拡大。現在は、仏教を中心に、人物に焦点をあてながら、日本の歴史・思想・文学・美術を総合的に見つめ、思い、書き、生きた言葉で語る活動を続けている。おもな著書に『仏教発見!』(講談社現代新書)・『僧侶の書』(至文堂)・『官能仏教』(角川書店)など。担当した特別展は「鎌倉仏教」(平成5年)・「東大寺文書の世界」(平成11年)「女性と仏教」(平成15年)・「東大寺公慶上人」(平成17年)など。

過去の講座一覧に戻る

奈良まほろば館(奈良県東京事務所 情報発信課)

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-6-2日本橋室町162ビル1F・2F
TEL:03-3516-3931
FAX:03-3516-3932
(1Fショップ直通:03-3516-3933