奈良県東京事務所情報発信課 公式ホームページ

講座案内

過去のイベント

平城遷都1300年記念講座「古都奈良の歴史・文化への誘い」

平成21年8月8日(土)、9月5日(土)、10月11日(日)、10月12日(月・祝)、11月23日(月・祝)

奈良県・奈良県5私立大学連合・南都銀行による産官学連携講座

2010年に平城遷都1300年を迎える奈良。これを記念し県内5私立大学、南都銀行との連携による古都奈良の歴史・文化・伝統産業等に関する5講座をご用意しました。
いずれの講座も2部構成となっています。この機に奈良の魅力を堪能してください。

第1部:奈良県5私立大学による奈良の歴史・文化に関する講義
第2部:奈良の伝統工芸・産業や建築物の現状に関する実務家による講演

タイムスケジュール: 〔所要時間2時間40分〕
受付開始   13:30~
第1部
奈良県5私立大学連合による講義
(講師・学校紹介、質疑応答含む)
90分 14:00~15:30
~休憩~ 10分  
第2部
奈良の伝統産業や自然保全等の紹介
(講師紹介、質疑応答含む)
60分 15:40~16:40
聴講料: 無料
定員: 70名(先着順)
申込方法: ハガキまたはファックスに希望回、住所・氏名・電話番号を明記いただき、下記までお申し込みください。
〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-6-2 日本橋室町162ビル 
奈良まほろば館内「平城遷都1300年記念講座」係
FAX:03-3516-3932 TEL:03-3516-3931

※講座は1部・2部連続で受講いただきます。(1部・2部のみの受講はできません)
※お一人様、複数の受講ができます。
※聴講券の発送はいたしません。
70名の定員に達しお断りさせていただく場合のみ電話連絡させていただきますので、こちらからの連絡のない場合は会場へお越しください。
※3回、4回、5回の第2部講座については、予定であり変更になる場合がございます。


日程および内容
日程 第1部 第2部
1 8月8日
(土)
終了
法隆寺の再建と聖徳太子信仰
講師:東野治之氏(奈良大学教授)

絵でみる中世建築事情

講師:今西良男氏
(奈良県教育委員会文化財保存課 課長補佐)

14世紀初めに成立した春日権現験記絵巻には、春日神社の造営を描いた場面がある。中世の社寺建築の造営は、どのような状態であったのか、今に伝わる神社・寺院の縁起絵巻等から少し考えてみたい。

2 9月5日
(土)
終了
大和の食~古代から現代へ~
講師:岩城啓子氏(畿央大学教授)

そうめんの歴史と美味しさの秘密

講師:山本太治氏
((株)三輪そうめん山本 社長)

1200年もの歴史を持つ三輪そうめん。その伝統的な手延製法を今に伝え守り続ける三輪そうめんの老舗が、そうめんの歴史や製法を世界の麺と共に違いをわかりやすく解説。更には、そうめんの美味しさの秘密まで紹介し本当のそうめんの味に迫ります。

3 10月11日
(日)
終了
柿本人麻呂~山辺の道をめぐって~
講師:川島二郎氏(天理大学教授)

奈良墨について(仮題)

万葉の時代、万葉歌は木簡に墨書されており、その墨は、飛鳥時代に高句麗から伝わったとされている。奈良墨は、室町時代の興福寺で、たまった灯明のすすを集めた油煙墨が起源といわれています。

4 10月12日
(月・祝)
終了
正倉院と正倉院宝物
講師:関根俊一氏(帝塚山大学教授)

奈良一刀彫について(仮題)

「奈良人形」ともいわれ、春日若宮おん祭に参列する田楽法師が頭上につける花笠を飾る小さな人形がその始まりとされます。

5 11月23日
(月・祝)
定員に達し
募集終了
コンピュータグラフィックスで
よみがえる藤原京
講師:廣田英樹氏(奈良産業大学教授)
講師:片岡英己氏(奈良産業大学助教)

吉野シロヤマザクラの保存について(仮題)

吉野山の桜は蔵王権現の神木として、古くから伐採を禁じられ、平安時代から苗木の寄進が盛んに行われた。西行法師の歌などでも有名になり、わが国有数の桜の名所となりました。

過去の講座一覧に戻る

奈良まほろば館(奈良県東京事務所 情報発信課)

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-6-2日本橋室町162ビル1F・2F
TEL:03-3516-3931
FAX:03-3516-3932
(1Fショップ直通:03-3516-3933