奈良県東京事務所情報発信課 公式ホームページ

お申込みフォーム

この講座はページ下の申込フォームよりお申込みいただけます。

※当サイトのプライバシーポリシーはこちら

奈良学ナイトレッスン第5夜 new

令和2年1月16日(木)19:00~20:30

東大寺の年中行事として毎年多くの人が訪れる「修二会(お水取り)」。東大寺に関わりのあるお坊さんたちが、私たちに代わって罪やけがれを観音様に謝罪し、一年を幸せに過ごせるようにと祈ってくれているのだそう。煌々と灯る火が暗闇の舞台を進む「お松明」や、本堂の中に響く美しい声明を、テレビなどで見たり聞いたりしたことがある方も多いのではないでしょうか。

どうして「お水取り」っていうの?「お松明」は主役じゃないの??という素朴な疑問から、1200年を超える歴史や由緒、1ヶ月以上かけて行われる様々な儀式まで、やさしく分かりやすく、美しい写真や動画を使ってご紹介します。

火の粉の熱さや匂い、杉の葉のはぜる音、お坊さんの声など、五感を研ぎ澄まして楽しむ、美しい祈りの旅に出かけてみましょう。

 

★2019年度 第5夜 

演題

奈良に春を告げる伝統行事 東大寺・お水取りの魅力と楽しみ方

講師

武藤 康弘(むとう・ やすひろ) 氏(奈良女子大学教授)

会場 奈良まほろば館2階
日時 2020年1月16日(木) 19時00分~20時30分
受講料 無料

募集

人数

70名(募集人数を超えた場合は、抽選で決定します。)
受講の可否については、1月9日(木)までに応募いただいた方全員にメールでお知らせいたします。
★申し込みフォームよりお申し込みいただいた後、受付メールが自動で発出されますが、それだけでは受講は確定しておりません。必ず、1月9日にお送りする結果通知で受講の可否をご確認ください。  

申込

方法

下の申込フォームから、12月23日(月)午後5時までにお申込みください。

※グループでお申し込みの方は、その旨補足欄に入力ください。
※受講の可否をメールでお送りしますので、携帯電話等でメールの受信制限を設定されている場合は「mahorobakan@office.pref.nara.lg.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。


[講師プロフィール]

武藤 康弘(むとう・ やすひろ)氏(奈良女子大学教授)

1959年秋田県生まれ。國學院大學文学部卒業、同大学院前期課程修了。博士(文学)(東京大学)。東京大学遺跡調査室室員、東京大学助手、同大学院助手、奈良女子大学助教授を経て、現職。専門は文化人類学、民俗学、考古学。消えゆく奈良の伝統的祭礼を調査し、後世への継承のための手立てを探る。著書に『映像でみる奈良まつり歳時記』(ナカニシヤ出版)。

【3月14日の尻付け松明】

【修二会のお松明】

【修二会のお松明の様子】

【撮影:野本 暉房】

 

主催 奈良県 東海旅客鉄道株式会社

お申込みフォーム

※2名以上申込みされる場合、お手数ですが、1人づつ申込み手続きを行って下さい。

※Microsoft Edgeをご利用の場合、申込フォームに不具合が発生しています。お手数ですが、他のブラウザ(Internet Explorer等)でお申込み頂きますようお願いします。

講座名 奈良学ナイトレッスン第5夜
参加日
希望の部
※参加日の講座が複数部開催の場合のみ選択して下さい。
希望の部 第
お名前
お名前(ふりがな)
住所 - 例)123-4567

電話番号(半角) - -
例)03-3516-3931
ファックス番号(半角) - -
例)03-3516-3932
E-Mail
E-Mail(確認用)
年齢
補足欄

」は必須入力事項です。

奈良まほろば館(奈良県東京事務所 情報発信課)

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-6-2日本橋室町162ビル1F・2F
TEL:03-3516-3931
FAX:03-3516-3932
(1Fショップ直通:03-3516-3933