奈良県東京事務所情報発信課 公式ホームページ

お申込みフォーム

この講座はページ下の申込フォームよりお申込みいただけます。

※当サイトのプライバシーポリシーはこちら

奈良法華寺のから風呂について

平成30年5月3日(木・祝)14:00~15:30

 奈良市法華寺町の法華寺は、聖武天皇の后の光明皇后が天平時代に開基された門跡尼寺です。

 光明皇后は仏教に篤く帰依され、東大寺、国分寺の設立を夫に進言したと伝えられています。また貧しい人に施しをするための施設「悲田院」、医療施設である「施薬院」を設置され、聖武天皇の没後その遺品を東大寺に寄進され正倉院に納められました。

 法華寺にはから風呂(今で言うサウナ)があり、光明皇后が千人の垢を自ら流されたとの伝説があり、現在の建物は江戸時代(明和3年)のものといわれています。から風呂では薬草を使用されていたことは伝承されていますが、何が使われていたかについては文書が残ってなく、それを考えると共に、使用されたであろう薬草についても解説します。

 また、今年の「浴室(からふろ)」施浴体験は、6月16日土曜日に行われます。

 

1.日 時 : 平成30年5月3日(木・祝) 14:00~15:30

2.講 師 : 奈良県薬剤師会理事(三星製薬株式会社 開発部部長)薬学博士 嶋田 康男 氏

3.テーマ : 奈良法華寺のから風呂について

4.会 場 : 奈良まほろば館2階

5.資料代等: 無料

6.定 員 : 70名(先着順)

7.申込方法:※定員に達したため、申込みを締め切りました。
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 

この講座は定員に達した為お申込みいただけません

奈良まほろば館(奈良県東京事務所 情報発信課)

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-6-2日本橋室町162ビル1F・2F
TEL:03-3516-3931
FAX:03-3516-3932
(1Fショップ直通:03-3516-3933