奈良県東京事務所情報発信課 公式ホームページ

お申込みフォーム

この講座はページ下の申込フォームよりお申込みいただけます。

※当サイトのプライバシーポリシーはこちら

奈良学ナイトレッスン 平成30年度 第5夜 new

平成30年8月22日(水)19時00分~20時30分

聴いてひんやり、行ってゾクゾク?!奈良の妖怪むかし話

吉野の山に棲む、木の葉を着た「木の子」。和歌山の県境に出没したという一つ目に一本足の「一本だたら」。不思議な音を立てながら飛んでくる「じゃんじゃん火」は死者の霊とも言われています。「猫又」や、「砂かけ婆」に「河童」、「鬼」などたくさんのお化けが、奈良には潜んでいたようです。

妖怪出没には、その土地ならではの理由があるのだそう。奈良に伝わる怪しい話やお化けの伝承について、妖怪文化研究家の木下昌美さんにご紹介いただきます。妖怪にゆかりの場所やそこにお化けが現れる秘密も教わって、妖怪の気配を探す奈良の旅に出かけませんか。


★平成30年度 第5夜 

演題 聴いてひんやり、行ってゾクゾク?!奈良の妖怪むかし話
講師 木下 昌美 氏(妖怪文化研究家)
会場 奈良まほろば館2階
日時 平成30年8月22日(水) 19時00分~20時30分
受講料 無料
募集人数 70名(募集人数を超えた場合は、抽選で決定します。)
受講の可否については、8月15日(水)までに応募いただいた方全員にメールでお知らせいたします。
★申し込みフォームよりお申し込みいただいた後、受付メールが自動で発出されますが、それだけでは受講は確定しておりません。必ず、8月15日にお送りする結果通知で受講の可否をご確認ください。  
申込方法

※申込みをしめきりました。

下の申込フォームから、8月12日(日)午後5時までにお申込みください。

※グループでお申し込みの方は、その旨補足欄に入力ください。
※受講の可否をメールでお送りしますので、携帯電話等でメールの受信制限を設定されている場合は「mahorobakan@office.pref.nara.lg.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。


[講師プロフィール]

 木下 昌美 氏(妖怪文化研究家)

1987年、福岡生。奈良県在住。同志社女子大学卒業、奈良女子大学大学院を経て、奈良日日新聞記者ののち、フリーライターに。小学生の時に妖怪に興味を持ち、学生時代は『日本霊異記』や『今昔物語集』、『宇治拾遺物語』などからお化けの話を蒐集、「説話文学における鬼」を研究した。現在は奈良県内のお化け譚を蒐集、記録をすすめ、月刊電子新聞『奈良妖怪新聞』を発行。電子新聞の内容を加筆修正し、1冊の本にまとめた『奈良妖怪新聞総集編』も発売中。いつか『奈良妖怪事典』をまとめるのが夢。

 

写真左:人を空腹にさせるという妖怪に由来する地蔵(東吉野村)

写真右:天狗が棲むという天狗杉(山添村)

        

主催 奈良県 東海旅客鉄道株式会社

この講座は定員に達した為お申込みいただけません

奈良まほろば館(奈良県東京事務所 情報発信課)

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-6-2日本橋室町162ビル1F・2F
TEL:03-3516-3931
FAX:03-3516-3932
(1Fショップ直通:03-3516-3933