奈良県東京事務所情報発信課 公式ホームページ

講座案内

「十一面観音に魅せられて 大和路へ」(まほろばソムリエの深イイ奈良講座)new

平成30年5月26日(土)17:00~18:30

NPO法人奈良まほろばソムリエの会の講座です。奈良の魅力を色々な切り口で楽しく語っていただきます。

人々は、さまざまな表情を示す十一面観音菩薩の前で手を合わせて素直に思いを念じます。微笑み・怒り・励まし・笑い飛ばす十一面観音の化仏には大きな力をいただきます。

光明皇后の法華寺、山間の室生寺や聖林寺、大和路の愛される多くの観音菩薩を紹介して、その魅力に迫ります。大和路に、みなさまをお誘いいたします。



1.日  時: 平成30年5月26日(土)17:00~(1時間半程度)
2.演  題: 「十一面観音に魅せられて 大和路へ」
3.講  師: 小野 哲朗 氏(NPO法人奈良まほろばソムリエの会 理事)

4.会  場: 奈良まほろば館2階
5.資料代 : 500円 (当日受付にて申し受けます) 
6.定  員: 70名(先着順)
7.申込方法:

・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 

この講座に申込む(申込フォームへ)

奈良学ナイトレッスン 平成30年度 第2夜new

平成30年5月24日(木)19:00~20:30

“カワイイ!”を撮りに行こう!鹿とわたしのフォトトリップ

自然の中でたたずむどこか神秘的な様子、愛くるしい目で人間をじっと見つめる姿・・・野生なのに人なつっこく、いろんな仕草や表情で出会う度にわたしたちを魅了してくれる奈良の鹿。

6月には奈良公園の「鹿苑(ろくえん)」で、鹿の子柄がキュートな、生まれたてのたくさんの子鹿に出会うことも出来るんです!

でも、なぜあんなにたくさんの鹿が奈良に?住み処はどこ?と、ふしぎに思ったことはありませんか?

奈良と鹿を愛し、一年を通してその魅力を追い続ける地元在住の自然写真家・佐藤和斗さんから、鹿の行動のふしぎや、鹿のいるオシャレな風景を切り取ることのできるモデルコース、初心者でもインスタ映え間違いなしの写真が撮れるコツなど、ここでシカ聴けない?!情報をたっぷりと教えていただきます。

新緑の奈良へ、カメラを持って自分だけのお気に入りを見つけにいきませんか♪


★平成30年度 第2夜 

演題 “カワイイ!”を撮りに行こう!鹿とわたしのフォトトリップ
講師 佐藤 和斗 氏
会場 奈良まほろば館2階
日時 平成30年5月24日(木) 19時00分~20時30分
受講料 無料
募集人数 70名(募集人数を超えた場合は、抽選で決定します。)
受講の可否については、5月17日(木)までに応募いただいた方全員にメールでお知らせいたします。
★申し込みフォームよりお申し込みいただいた後、受付メールが自動で発出されますが、それだけでは受講は確定しておりません。必ず、5月17日にお送りする結果通知で受講の可否をご確認ください。  
申込方法 下の申込フォームから、5月14日(月)午後5時までにお申込みください。
※グループでお申し込みの方は、その旨補足欄に入力ください。
※受講の可否をメールでお送りしますので、携帯電話等でメールの受信制限を設定されている場合は「mahorobakan@office.pref.nara.lg.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。


[講師プロフィール]

 

佐藤和斗(さとうかずと)氏

1984年奈良市生まれ。

写真家中野晴生氏に師事、2008年に独立。

現在は自分にしか撮れない風景や鹿たちの楽園をテーマに「心に響く写真」を撮りつづけている。メディア出演や雑誌への掲載他、写真の楽しさを伝えるために初心者向け写真教室を開講するなど幅広い分野で活動している。KAZUTO PHOTO OFFICE代表。2017年に写真集『 Dear deer − 鹿たちの楽園 − 』、2018年5月に第2弾の写真集『 DEER LAND − 誰も知らない鹿の国 − 』(青菁社)を出版。

 

撮影:自然写真家 佐藤和斗

 

 

主催 奈良県 東海旅客鉄道株式会社

この講座に申込む(申込フォームへ)

世界に一つだけのお茶「吉野大淀日干番茶」を使った大和の伝統食「茶がゆ」作りにチャレンジ!new

平成30年5月20日(日)13:30~15:30

 世界に一つだけのお茶「吉野大淀日干番茶(よしのおおよどにっかんばんちゃ)」を使った大和の伝統食「茶がゆ」をみんなで作り味わいながら、大和茶づくりのプロから大和地方のお茶文化と大淀町の伝統的なお茶製法について学びましょう。

 

1.日  時:平成30年5月20日(日)13:30~15:30

2.講  師:上尾 年雄 氏(大淀町茶業組合長)

       中迫 貴史 氏(大淀町役場まちづくり推進課 課長補佐)

3.会  場:奈良まほろば館2階

4.資料代等:無料(作った茶がゆをお召し上がりいただけます。)

5.定  員:20名(先着順)

6.申込方法: ※定員に達したため、申し込みを締め切りました。
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932

 

※汚れてもよい服装でお越しください。
※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

 

【世界に一つだけのお茶「吉野大淀日干番茶」について】

 大淀町で栽培されているお茶は、江戸時代に作られ始めた宇治製のお茶とは違い、茶葉を揉まずに天日干しをするという江戸時代以前からの伝統製法で作られ続けてきた「天日干し番茶」として広く親しまれています。茶葉を揉まずに2日間ほどかけてじっくり天日干しをするのが特徴で、お茶をこの製法で作っているのは今では大淀町中増地区など全国でも限られた地域だけとなっています。

 機械で揉み乾燥させるものに比べると香りが高く渋みが少ないのが特徴で、このお茶を使った番茶スイーツや番茶グルメは大淀町の新しい名物として人気を博しています。

 その世界に一つだけのお茶「吉野大淀日干番茶」を使って、〝食べるお茶″の原点とも言える大和の伝統食「茶がゆ」作りにチャレンジしてみませんか?

吉野学への誘い~100年前の映画フィルムから~new

平成30年5月19日(土)13:00~14:00

 吉野・熊野の原風景を映した100年前の映画フィルムをもとに、悠久の時が流れる吉野の歴史や風土に思いを馳せてみませんか。

 大淀町学芸員の情趣ある語りで、四季を通じて興趣の尽きない自然、歴史を彩る数々の史跡、今も昔も変わらないその吉野の深い味わいがふとよみがえります。

 

1.日  時:平成30年5月19日(土)13:00~14:00

2.講  師:松田 度 氏(大淀町教育委員会 学芸員)

3.会  場:奈良まほろば館2階

4.資料代等:無料

5.定  員:70名(先着順)

6.申込方法:
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 

この講座に申込む(申込フォームへ)

橿原考古学研究所創立80周年記念 春季特別展古代の輝きー日本考古学と橿考研80年の軌跡Ⅰー見どころ案内new

平成30年5月12日(土)①13:00~14:30 ②15:30~17:00

 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館で開催される春季特別展「古代の輝き-日本考古学と橿考研80年の軌跡Ⅰ-」にあわせて、奈良まほろば館でもこの展覧会を紹介するパネル展示を行います。また、本展の企画を担当した奈良県立橿原考古学研究所附属博物館の 北井 利幸 氏から、本展の見どころ解説を行っていただきます。

 

1.日  時:平成30年5月12日(土)

       第1部 13時00分~/第2部 15時30分~(各部1時間半程度)

       ※第1部と第2部は同じ内容です。

2.講  師:北井 利幸 氏(奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 主任学芸員)

3.会  場:奈良まほろば館2階

4.資料代等:無料

5.定  員:各部とも70名(先着順)

6.申込方法:
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時(希望の部)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 

この講座に申込む(申込フォームへ)

奈良法華寺のから風呂について

平成30年5月3日(木・祝)14:00~15:30

 奈良市法華寺町の法華寺は、聖武天皇の后の光明皇后が天平時代に開基された門跡尼寺です。

 光明皇后は仏教に篤く帰依され、東大寺、国分寺の設立を夫に進言したと伝えられています。また貧しい人に施しをするための施設「悲田院」、医療施設である「施薬院」を設置され、聖武天皇の没後その遺品を東大寺に寄進され正倉院に納められました。

 法華寺にはから風呂(今で言うサウナ)があり、光明皇后が千人の垢を自ら流されたとの伝説があり、現在の建物は江戸時代(明和3年)のものといわれています。から風呂では薬草を使用されていたことは伝承されていますが、何が使われていたかについては文書が残ってなく、それを考えると共に、使用されたであろう薬草についても解説します。

 また、今年の「浴室(からふろ)」施浴体験は、6月16日土曜日に行われます。

 

1.日 時 : 平成30年5月3日(木・祝) 14:00~15:30

2.講 師 : 奈良県薬剤師会理事(三星製薬株式会社 開発部部長)薬学博士 嶋田 康男 氏

3.テーマ : 奈良法華寺のから風呂について

4.会 場 : 奈良まほろば館2階

5.資料代等: 無料

6.定 員 : 70名(先着順)

7.申込方法:※定員に達したため、申込みを締め切りました。
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 

Nara観光コンシェルジュが案内する今井町new

平成30年4月29日(日)11:00~12:30

 奈良県内でまだ7名しかいない「Nara観光コンシェルジュ」の称号を持つ今井町町並み保存会会長の若林稔氏は、独特の若林節で語る「故郷今井町の保存への思い」がこもったガイドを実践されています。

 後半生をかけて世に問い続けてきた町並み再生の意識から生まれた独特の語りで、ガイドする今井物語には今井町を知ってもらいたいという熱く深い思いが感じられます。

 そんな若林節をまほろば館でご披露いただきます。

 

※「Nara観光コンシェルジュ」とは、奈良を訪れる観光客に対して、ガイドの高度な技量とおもてなしの精神を表現することのできる奈良商工会議所が選出・認定した者をいいます。

 

1.日 時 : 平成30年4月29日(日) 11:00~12:30

2.講 師 : 今井町町並み保存会 会長 若林 稔 氏

3.テーマ : Nara観光コンシェルジュが案内する今井町

4.会 場 : 奈良まほろば館2階

5.資料代等: 500円(※当日会場にて申し受けます。)

6.定 員 : 70名(先着順)

7.申込方法:
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 

この講座に申込む(申込フォームへ)

今井町の歴史と町づくりnew

平成30年4月28日(土)14:00~15:30

 全国町並み保存連盟発祥の地、重要伝統的建造物群保存地区発祥の地である今井町は東西600メートル南北310メートルの中に中世から江戸期までの資産をたっぷりと残して現在の生活を持続している幻のような町。

 この町はなぜ残ったのでしょうか?どうして残してきたのでしょうか?残ってきた町並みをどんな手法で古い町並みを宝の町に衣替えさせたのか。

 「この根底にあるのは!」 自治都市の商人魂をDNAにもつ住民ならではの発想と活動事例を織り交ぜて紹介します。

 

1.日 時 : 平成30年4月28日(土) 14:00~15:30

2.講 師 : 今井町町並み保存会 会長 若林 稔 氏

3.テーマ : 今井町の歴史と町づくり

4.会 場 : 奈良まほろば館2階

5.資料代等: 500円(※当日会場にて申し受けます。)

6.定 員 : 70名(先着順)

7.申込方法:
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 

この講座に申込む(申込フォームへ)

奈良学ナイトレッスン 平成30年度 第1夜

平成30年4月25日(水)19:30~21:00
※講演開始、終了時刻にご留意ください。

新緑の奈良のお庭に癒される~フランス人もハマったその魅力と愉しみ方~

「禅」と関係が深く、「自分との対話」が出来るのが京都のお庭。一方で、ただただのんびりとした時間を過ごし、ゆったりとリフレッシュできるのが奈良のお庭の魅力です。

あじさい寺と呼ばれる矢田寺やコスモス寺と呼ばれる般若寺など、花々に彩られた古いお寺。清酒発祥の地ともされる空気の澄んだ正暦寺のお庭には、優しいせせらぎの音が響きます。奈良には自然も歴史も豊かなお庭がたくさんあり、それぞれの愉しみ方があります。

フランス出身でありながら、日本の庭園の魅力に惹かれて研究を続けているマレスさんに、奈良のお庭の魅力やその愉しみ方を教わります。今度の奈良旅行では、ちょっと落ちついて深呼吸するようなひとときを過ごしませんか。


★平成30年度 第1夜 
演題  新緑の奈良のお庭に癒される 〜フランス人もハマったその魅力と愉しみ方〜
講師
エマニュエル・マレス 氏
会場 奈良まほろば館2階
日時
平成30年4月25日(水) 19時30分~21時00分
※講演開始・終了時間に、ご留意ください。
受講料 無料
募集人数 70名(募集人数を超えた場合は、抽選で決定します。)
受講の可否については、月18日(水)までに応募いただいた方全員にメールでお知らせいたします。
★申し込みフォームよりお申し込みいただいた後、受付メールが自動で発出されますが、それだけでは受講は確定しておりません。
必ず、4月18日にお送りする結果通知で受講の可否をご確認ください。  
申込方法

★申し込みを締め切りました。

下の申込フォームから、月15日(日)午後5時までにお申込みください
※グループでお申し込みの方は、その旨補足欄に入力ください。

※受講の可否をメールでお送りしますので、携帯電話等でメールの受信制限を設定されている場合は「
mahorobakan@office.pref.nara.lg.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。


[講師プロフィール]
 エマニュエル・マレス((独)国立文化財機構 奈良文化財研究所 文化遺産部 アソシエイトフェロー)

1978年、フランス生まれ。2006年京都工芸繊維大学で博士号取得。著書に『縁側から庭へフランスからの京都回顧録』あいり出版(2014)などが。2015年日本庭園学会奨励賞を受賞。


         【円成寺】
主催 奈良県 東海旅客鉄道株式会社

写経教室(平成30年度)new

平成30年4月~

奈良まほろば館ならではの文化講座です。
奈良の魅力に触れていただけるような内容を盛り込んだ講座を開催しています。
心の休息を求めて、ご参加下さる皆様のお越しをお待ちしております。

◆写経教室(定員20名(先着順))
奈良の法相宗大本山薬師寺からお坊様をお招きし、写経を行います。
この教室では「写経」を行うだけでなく、お坊様より普段は聞くことの出来ない「法話」をお伺いします。
法話を通して奈良の魅力にも触れていただく絶好の機会です。 
完成した写経は、薬師寺の納経堂に納められ永代供養されます。1回だけの受講も可能です。
 ※写経は般若心経又は父母恩重経をお選びいただけます。
 

  
日時: 4月21日(土)、5月21日(月)
6月21日(木)
19:00~21:00                 
資料代等: 1回3,000円(写経納経料含む)
※道具はお貸しいたします。  
講師: 生駒 基達 師(薬師寺 副執事長)


※以前行った教室の様子です。



■申込方法
・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日時(希望の部)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。
お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932
※参加証等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※受講料は当日開始前に頂戴いたします。
※受付は開始30分前から行います。開始10分前までにお越しください。
※キャンセルされる場合は事前にお知らせください。 

この講座に申込む(申込フォームへ)

過去に開催したイベントはこちら

奈良まほろば館(奈良県東京事務所 情報発信課)

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-6-2日本橋室町162ビル1F・2F
TEL:03-3516-3931
FAX:03-3516-3932
(1Fショップ直通:03-3516-3933