奈良県東京事務所情報発信課 公式ホームページ

講座案内

奈良学ナイトレッスン 第12夜new

平成31年3月22日(金)19:00~20:30

いまさら聞けない!? 平城京の歴史 〜レンタサイクルで巡る古都・奈良の春〜

天平文化が花開いた奈良時代。その中心にあった平城京は、貴族たちが行き交う華やかな都、というイメージが強いのではないでしょうか。平城京の中には薬師寺や興福寺などの寺院がいくつも建てられ、今に伝わります。

そんな平城京には、実は私たちと同じような感覚を持ち(!?)、毎日時間をかけて通勤したり、社食に文句を言ってみたり・・・一生懸命頑張っている人たちが大勢暮らしていました。1300年の時を越えて掘り起こされた木簡を読み解けば、そんな古代人のつぶやきが驚くほど身近に感じられます。今回の講座では、平城京の歴史や土の中から届く意外なメッセージをお伝えします。

さらに、平城京の中は坂道が少なく、サイクリングにもぴったり。レンタサイクル等を活用して平城京内を巡り回れば、今に残る古都の息吹を、そこここに見出すことができるでしょう。今回は、古(いにしえ)の歴史や文化を肌で感じる、春の自転車旅についてもご紹介します。

 

★平成30年度 第12夜 

演題

いまさら聞けない!? 平城京の歴史 〜レンタサイクルで巡る古都・奈良の春〜

講師 山本 祥隆 氏(奈良文化財研究所研究員)
会場 奈良まほろば館2階
日時 平成31年3月22日(金) 19時00分~20時30分
受講料 無料
募集人数 70名(募集人数を超えた場合は、抽選で決定します。)
受講の可否については、3月15日(金)までに応募いただいた方全員にメールでお知らせいたします。
★申し込みフォームよりお申し込みいただいた後、受付メールが自動で発出されますが、それだけでは受講は確定しておりません。必ず、3月15日にお送りする結果通知で受講の可否をご確認ください。  
申込方法 下の申込フォームから、3月11日(月)午後5時までにお申込みください。
※グループでお申し込みの方は、その旨補足欄に入力ください。
※受講の可否をメールでお送りしますので、携帯電話等でメールの受信制限を設定されている場合は「mahorobakan@office.pref.nara.lg.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。


[講師プロフィール]

山本 祥隆 氏(奈良文化財研究所研究員)

1983年栃木県生まれ。東京大学文学部卒業、同大学大学院博士後期課程を経て、2011年4月に独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所に入所。現在は都城発掘調査部史料研究室の研究員を務め、平城宮・京跡や寺院などの発掘調査、および出土した木簡の調査・保管などに携わる。また、奈良文化財研究所の新人研修にて、平城京内を自転車で巡る講習講師を過去複数回担当。平城京の隅々まで知り尽くすため、仕事での移動に際しても積極的に自転車を利用する。

【上空から撮影した平城宮・平城京】

 

【奈良県庁の屋上より古都遠望】

 

主催 奈良県 東海旅客鉄道株式会社

この講座に申込む(申込フォームへ)

茶道の源流は、奈良からnew

平成31年3月17日(日)
①13:00~14:30 ②15:30~17:00

一服のお茶をいただく事により日頃の雑事を忘れ、新たな発想が生まれると言われています。

樹木希林さん主演の映画「日日是好日」で茶道が最近ちょっとしたブームになっています。

奈良発祥のものがたくさんありますが、実は、茶道の発祥も奈良なんです。そんなお話と美味しい奈良のお茶とお菓子を味わい、春の訪れを感じてください。

立礼方式ですので、初めての方も安心してご参加ください。

 

 

1.日  時:平成31年3月17日(日)

        ①13:00~14:30 ②15:30~17:00
2.テ ー マ :茶道の源流は、奈良から

3.講  師:茶道裏千家 鳥居 宗富(とりい そうふ)師

4.会  場:奈良まほろば館2階

5.資料代等:500円(当日受付にて申し受けます)
6.定  員:各回40名(先着順)

7.申込方法

 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

 

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932

 

 

※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。

※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

 

 

この講座に申込む(申込フォームへ)

奈良を学び 旅に出ましょう! (第14回) 空海を育んだ奈良 ゆかりの古刹を巡るnew

平成31年3月16日(土)14:00~15:30

 四季折々の奈良を案内して20年の「NPO法人 なら・観光ボランティアガイドの会」の奈良まほろば館での第14回の講座です。

 「奈良を学び 旅に出ましょう!」をメインテーマに、ガイドの達人が、古都奈良の魅力を様々な切り口で興味深く、楽しくご案内いたします。

 

 ミステリアス空海…青年空海の「青の時代」とは? 空海を育んだのは奈良であった!?

 今回は、密教の探求という視点ではなく、空白の時代と言われている謎の日々に何があったのか、奈良での日々に注目し、「古都奈良の古刹」に残るその足跡を歩いて、観て、そして感じたことを、ガイドの目線でご紹介いたします。

 

1.日  時:平成31年3月16日(土)14:00~15:30
2.演  題:空海を育んだ奈良 ゆかりの古刹を巡る

3.講  師:長坂 和之氏(特定非営利活動法人「なら・観光ボランティアガイドの会」会員)

4.会  場:奈良まほろば館2階

5.資料代等:500円(当日受付にて申し受けます)
6.定  員:70名(先着順)

7.申込方法

 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

 

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932

 

 

※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。

※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

この講座に申込む(申込フォームへ)

奈良を学び 旅に出ましょう! (第13回) 春日秘話 「 ザ・燈籠 」new

平成31年3月16日(土)11:00~12:30

四季折々の奈良を案内して20年の「NPO法人 なら・観光ボランティアガイドの会」の奈良まほろば館での第13回の講座です。

「奈良を学び 旅に出ましょう!」をメインテーマに、ガイドの達人が、古都奈良の魅力を様々な切り口で興味深く、楽しくご案内いたします。

 

平城京守護のため創建され、昨年1250年を迎えた春日大社。境内の約3,000基の燈籠は、春日信仰の奥深さを物語ります。平安末期から今日に至るまで、摂関家・戦国武将・奈良奉行および一般庶民などから奉納・寄進された燈籠。その意匠や形を楽しみながら、知られざる秘話をたずねていきます。

「NPO法人 なら・観光ボランティアガイドの会」のガイドの達人が、楽しくご案内いたします。

 

1.日  時:平成31年3月16日(土)11:00~12:30
2.演  題:春日秘話「ザ・燈籠」

3.講  師:長坂 和之氏(特定非営利活動法人「なら・観光ボランティアガイドの会」会員)

4.会  場:奈良まほろば館2階

5.資料代等:500円(当日受付にて申し受けます)
6.定  員:70名(先着順)

7.申込方法

 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

 

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932

 

 

※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。

※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

この講座に申込む(申込フォームへ)

奈良に残るおもしろ講談ものがたり~浮世絵でみる奈良~new

平成31年3月13日(水)19:00~20:30(開場18:30~)

 講談に残る歴史話の多くは、浮世絵に描かれています。講談と浮世絵を見れば、庶民が熱狂したアイドルやスターが見えてくる面白さがあります。本講座では、浮世絵からより深い物語を知ることができるようになるポイントを講談を通じてご紹介します。

 

1.日  時:平成31年3月13日(水)19:00~20:30(開場18:30~)

2.会  場:奈良まほろば館2階

3.参 加 費:2,000円(当日受付にて)

4.申込方法:

●メールにてお申込の場合

氏名・連絡先・申込人数(複数人でお申込の場合)を明記いただき、メールアドレス【nanbu@office.pref.nara.lg.jp】にお送りください。

●FAXにてお申込の場合

氏名・連絡先・申込人数(複数人でお申込の場合)を明記いただき、【0744-48-3135】までお送りください。

<お問合せ先>

奈良県奥大和・移住交流推進室

TEL:0744-48-3016

 

講座チラシPDF http://www.pref.nara.jp/secure/208800/tirashi.pdf

 

※イベント会場は奈良まほろば館ですが、お申込先・お問合せ先は奈良県奥大和移住・交流推進室になりますのでご注意ください。

第5回奈良県の醤油蔵麹によるMyしょうゆ造りセミナーnew

平成31年3月2日(土)①13:00~14:30 ②15:30~17:00

 本講座では、醤油業界の全国と奈良県の状況、「古代ひしお」から見える発酵の歴史と醤油が作られるまでの工程説明、ご家庭で諸味発酵を体験するMy醤油つくりの3つをテーマとして奈良県で造られている醤油の魅力をご紹介します。

 

■マイ醤油造りのお楽しみ

①自分だけの醤油を仕込みます。

②材料や醤油の発酵管理・搾り方が分かるマニュアルなど、すべて主催者で用意。

③しょうゆ物知り博士教室も開催。 ④奈良県産ミニボトル醤油のお土産付き。

※本職の醤油屋のサポートとレクチャーでどなたでも醤油造りができます。

※麹造りなど作業が難しい部分は事前に準備いたします。醤油の発酵熟成をご自宅で見守ってください。

 

1.日  時:平成31年3月2日(土)

       第1部13:00~14:30 第2部15:30~17:00

2.会  場:奈良まほろば館2階

3.材料費等:3,000円(※当日受付にて)

       2本以上仕込む方は、1本につき追加 1,500円

       ※追加仕込は希望総数が50本に達するまで先着順で受付

       ※醤油麹、仕込塩水、仕込容器、発酵の種もろみ、発酵熟成後の搾り布等、必要な物は主催者で準備します。

       ※1本500ccのマイ醤油ができます。

4.定  員:各部20名(先着順)

5.申込方法
 ・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日時(希望時間)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館あてご送付ください。 
 ※追加をご希望される方は、必ず「本数」をお書き下さい。

 ・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。
 ※追加をご希望される方は、補足欄に必ず「本数」を入力して下さい。
 ※申込締切 平成31年2月23日(土)

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】 10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932


※内容等についてのお問い合わせは、下記までお願いいたします。
 奈良県醤油工業協同組合
 〒636-0124 奈良県生駒郡斑鳩町五百井1-3-10
 電話0745-75-2887
 メールアドレスnara_shouyu-kumiai@kcn.jp 

※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※キャンセルされる場合は、事前に必ずお知らせください。

この講座に申込む(申込フォームへ)

東山魁夷画伯 鑑真和上を偲ぶ旅路

平成31年2月28日(木)19:00~20:30

 日本画の巨匠、東山魁夷画伯。昨年は国立新美術館で生誕110年の大回顧展が開催されましたが、優れた画業の中でも唐招提寺御影堂に収まる障壁画・ふすま絵は、画伯が心身を捧げた代表作です。絵の構想から完成まで12年の歳月を費やし、和上ゆかりの地を遍歴して描かれました。まるで修行僧のような日々を鑑真和上の偉業と重ねてご紹介します。

 

1.日  時:平成31年2月28日(木)19:00~20:30  

2.講  師:石田 太一 師(唐招提寺 副執事長)

3.会  場:奈良まほろば館2階

4.資料代等:無料

5.定  員:70名(先着順)

6.申込方法  ※定員に達しましたので申し込みを締め切りました。

 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

 

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932

 

※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。

※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

写経教室(平成30年度)new

平成31年2月27日(水)、平成31年3月12日(火)
19:00~21:00

奈良まほろば館ならではの文化講座です。
奈良の魅力に触れていただけるような内容を盛り込んだ講座を開催しています。
心の休息を求めて、ご参加下さる皆様のお越しをお待ちしております。

◆写経教室(定員20名(先着順))
奈良の法相宗大本山薬師寺からお坊様をお招きし、写経を行います。
この教室では「写経」を行うだけでなく、お坊様より普段は聞くことの出来ない「法話」をお伺いします。
法話を通して奈良の魅力にも触れていただく絶好の機会です。 
完成した写経は、薬師寺の納経堂に納められ永代供養されます。1回だけの受講も可能です。
 ※写経は般若心経又は父母恩重経をお選びいただけます。
 

  
日時:

2月27日(水)、3月12日(火)

19:00~21:00                 

資料代等: 1回3,000円(写経納経料含む)
※道具はお貸しいたします。  
講師: 生駒 基達 師(薬師寺 副執事長)


※以前行った教室の様子です。




■申込方法
・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日時(希望の部)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。
お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932
※参加証等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※受講料は当日開始前に頂戴いたします。
※受付は開始30分前から行います。開始10分前までにお越しください。
※キャンセルされる場合は事前にお知らせください。

この講座に申込む(申込フォームへ)

奈良時代のことばー大和言葉と漢語new

平成31年2月24日(日)11:00~12:30

 古都奈良は、様々な古代史の舞台であったと同時に、文学作品、歴史資料が生み出された場所でもあります。また役人達が残した多くの行政文書(木簡)も出土しています。 

 それらには、様々な「ことば」が書かれています。俗に大和言葉といわれる日本語は、常に漢語(中国語)とともにありました。漢字とのつきあいはすでに本格的に始まっていたのです。

 今の私たちと、何が同じで何が違うのか、1300年前の古代人の言語生活をのぞいてみましょう。

 

1.日  時:平成31年2月24日(日)11:00~12:30

2.講  師:尾山 慎 氏(文学部 言語文化学科 准教授)

3.会  場:奈良まほろば館2階

4.資料代等:無料

5.定  員:70名(先着順)

6.申込方法  ※定員に達しましたので申し込みを締め切りました。

 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

 

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932

 

※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。

※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

大和地蔵十福 講話会(全4回)new

平成31年2月23日(土)14:00~15:30
平成31年2月24日(日)14:00~15:30
平成31年3月3日(日)14:00~15:30
平成31年3月5日(火)19:00~20:30

 奈良県内の魅力ある地蔵菩薩を安置する十ヵ寺の地蔵尊を巡拝することで福徳が授かる「大和地蔵十福」。地蔵十福とは、地蔵本願経や延命地蔵経で説かれており、十ヵ寺の地蔵尊を巡拝・満願すれば、「女人泰産(健康で聡明な子どもの安産が叶います)」、「身根具足(健全な心と身体を授けてくださいます)」など、十の福が授かります。十ヵ寺の地蔵菩薩はそれぞれ特徴があり、その内八ヵ寺の地蔵菩薩は、国の重要文化財に指定されています。

 これら魅力ある地蔵菩薩を安置する寺院より講師をお招きし、下記のとおり講話会を開催いたします。

 

※1回だけの受講も可能です。

 

1.日時、講師、演題

 第1回 平成31年2月23日(土)14時00分~15時30分

  十輪院住職 橋本 純信 師 「涙が止まらない地蔵和讃」

 第2回 平成31年2月24日(日)14時00分~15時30分

  十輪院住職 橋本 純信 師 「自身を律する密厳院発露懺悔文」

 第3回 平成31年3月3日(日)14時00分~15時30分

  帯解寺住職 倉本 堯慧 師 「お地蔵様のご利益」

 第4回 平成31年3月5日(火)19時00分~20時30分

  霊山寺住職 東山 光秀 師 「お釈迦さまの話と日本人のこころ」

2.会  場:奈良まほろば館2階

3.資料代等:無料

4.定  員:各回とも70名(先着順)

5.申込方法:
・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

 ※受講を希望される回ごとにお申し込みください。


お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 

この講座に申込む(申込フォームへ)

奈良と東南アジアをつないだ人々new

平成31年2月23日(土)11:00~12:30

 私は、ここ30年の間、東南アジアの複数の国で文化遺産保護の活動に携わってきました。そして、この活動を通して、この地域と奈良とに関係する人々が古代からいたことを知りました。

 その中には、日本で重要な役割を果たしたり、また東南アジアで重要な足跡をのこした日本人がいます。そうした人物の活動をご紹介し、奈良と東南アジア、あるいは日本と東南アジアの関わりを紹介します。

 今回の講演が、すこしでも東南アジアへの理解が深まる機会になれば、と思います。

 

1.日  時:平成31年2月23日(土)11:00~12:30

2.講  師:上野 邦一 氏(奈良女子大学 名誉教授)

3.会  場:奈良まほろば館2階

4.資料代等:無料

5.定  員:70名(先着順)

6.申込方法  ※定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

 

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932

 

※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。

※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

奈良学ナイトレッスン 第11夜

平成31年2月21日(木)19:00~20:30

興福寺中金堂―藤原不比等・三千代・光明子のファミリーヒストリ―

2018年10月、興福寺中金堂が落慶しました。

目標に掲げられたのは「天平への回帰」。その天平の中金堂を造営したのは、平城遷都をリードした藤原不比等(ふひと)です。彼が政治の世界で活躍できたのは、10代から朝廷に勤めていたキャリアウーマンの妻・三千代(みちよ)の存在が大きかったそう。三千代と不比等は力を合わせて国づくりに邁進し、朝廷を支えました。不比等と三千代の娘・光明子(こうみょうし)も親の期待に応え、国家プロジェクトをプロデュースするなど働く皇后となり、夫の聖武天皇を支えます。三人の親子は、華麗なる藤原一族の礎を築きました。

不比等の死後、聖武天皇や光明子など不比等と親しい人々によって、興福寺の境内は整います。今回の講座で興福寺と深く関わった家族の物語 = ファミリーヒストリーを学び、今ふたたび奈良に出かけませんか。

 

★平成30年度 第11夜 

演題

興福寺中金堂―藤原不比等・三千代・光明子のファミリーヒストリー

講師 前川佳代 氏(奈良女子大学大和・紀伊半島学研究所 古代学・聖地学センター 協力研究員)
会場 奈良まほろば館2階
日時 平成31年2月21日(木) 19時00分~20時30分
受講料 無料
募集人数

70名(募集人数を超えた場合は、抽選で決定します。)
受講の可否については、2月14日(木)までに応募いただいた方全員にメールでお知らせいたします。
★申し込みフォームよりお申し込みいただいた後、受付メールが自動で発出されますが、それだけでは受講は確定しておりません。必ず、2月14日にお送りする結果通知で受講の可否をご確認ください。  

申込方法

※申込みをしめきりました。

下の申込フォームから、2月7日(木)午後5時までにお申込みください。
※グループでお申し込みの方は、その旨補足欄に入力ください。
※受講の可否をメールでお送りしますので、携帯電話等でメールの受信制限を設定されている場合は「mahorobakan@office.pref.nara.lg.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。


[講師プロフィール]

前川佳代 氏(奈良女子大学大和・紀伊半島学研究所 古代学・聖地学センター 協力研究員)

1967年京都市生まれ。花園大学文学部史学科卒業、立命館大学文学研究科博士前期課程修了、2007年奈良女子大学人間文化研究科博士後期課程修了、博士(文学)。古代学協会古代学研究所研究嘱託、羽曳野市教育委員会嘱託、京都造形芸術大学非常勤講師、奈良女子大学人間文化研究科特任助教、同非常勤講師を経て、現職。平泉や奈良の都市空間を研究する一方で、古代甘味料・甘葛煎や菓子の再現なども手がける。

 

主催 奈良県 東海旅客鉄道株式会社

平成30年度 なら文化歴史塾 東京講座「信仰と美術、そして人ー本当の奈良を識るー」

平成31年1月23日(水)、平成31年2月20日(水) 各回19:00~20:30

 「信仰と美術、そして人」をテーマに、NPO法人 奈良好き人のつどいの「なら文化歴史塾東京講座」を開催します。

 

1.日時・演題:

 第1講座 平成31年1月23日(水)19:00~20:30

 「重源上人 鎌倉時代の大仏復興」※終了しました。

 第2講座 平成31年2月20日(水)19:00~20:30

 「公慶上人 江戸時代の大仏復興」

2.講師:西山 厚 氏(帝塚山大学文学部文化創造学科 教授)

3.会場:奈良まほろば館2階

4.費用:7,000円(軽食付。1講座のみ受講の場合は4,000円。)

  ※奈良好き人クラブ会員は1割引で受講できます。

  (入会はどなたでも可能です。入会ご希望の方は下記お問合せ先へご連絡ください。)

  ※受講料は当日受付にて申し受けます。

5.申込方法:

 受講希望講座日、氏名(ふりがな含む)、年齢、住所(郵便番号含む)、電話番号、メールアドレスを明記の上、FAX又はメールで以下の申込先へお申込みください。

 

《お申込先・お問合せ先》

NPO法人 奈良好き人のつどい

FAX:0742-33-7622 MAIL:narasukibitoclub@gmail.com

TEL:090-8448-8953(代表携帯/辰巳 裕)

 

※イベント会場は奈良まほろば館ですが、お申込先・お問合せ先はNPO法人 奈良好き人のつどいになりますのでご注意ください。

過去に開催したイベントはこちら

奈良まほろば館(奈良県東京事務所 情報発信課)

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-6-2日本橋室町162ビル1F・2F
TEL:03-3516-3931
FAX:03-3516-3932
(1Fショップ直通:03-3516-3933