奈良県東京事務所情報発信課 公式ホームページ

講座案内

平成30年度 なら文化歴史塾 東京講座「信仰と美術、そして人ー本当の奈良を識るー」new

平成31年1月23日(水)、平成31年2月20日(水) 各回19:00~20:30

 「信仰と美術、そして人」をテーマに、NPO法人 奈良好き人のつどいの「なら文化歴史塾東京講座」を開催します。

 

1.日時・演題:

 第1講座 平成31年1月23日(水)19:00~20:30

 「重源上人 鎌倉時代の大仏復興」

 第2講座 平成31年2月20日(水)19:00~20:30

 「公慶上人 江戸時代の大仏復興」

2.講師:西山 厚 氏(帝塚山大学文学部文化創造学科 教授)

3.会場:奈良まほろば館2階

4.費用:7,000円(軽食付。1講座のみ受講の場合は4,000円。)

  ※奈良好き人クラブ会員は1割引で受講できます。

  (入会はどなたでも可能です。入会ご希望の方は下記お問合せ先へご連絡ください。)

  ※受講料は当日受付にて申し受けます。

5.申込方法:

 受講希望講座日、氏名(ふりがな含む)、年齢、住所(郵便番号含む)、電話番号、メールアドレスを明記の上、FAX又はメールで以下の申込先へお申込みください。

 

《お申込先・お問合せ先》

NPO法人 奈良好き人のつどい

FAX:0742-33-7622 MAIL:narasukibitoclub@gmail.com

TEL:090-8448-8953(代表携帯/辰巳 裕)

 

※イベント会場は奈良まほろば館ですが、お申込先・お問合せ先はNPO法人 奈良好き人のつどいになりますのでご注意ください。

奈良学ナイトレッスン 第8夜new

平成30年11月28日(水)19:00~20:30

カワイイ古代 #奈良

 遺物:考古資料のうち、遺跡から出土する土器、石器、陶磁器、木器、骨角器、ガラス器、金属器、紙などのこと。・・・なんだかお堅くて難しそう・・・。ですが、実はそれらは古代の人たちが作ったアクセサリーだったり、インテリアだったり、祈りを捧げた対象であったりもして、とってもカワイイものも多いんです!ユーモラスな土偶、弥生人が絵を描いた土器、斬新でオシャレな装飾品からハニワまで・・・それぞれの歴史背景も学びながら、奈良の古代を「カワイイ!」を切り口に巡りましょう。

 

★平成30年度 第8夜 

演題 カワイイ古代 #奈良
講師 譽田 亜紀子 氏(フリーライター、土偶女子)
会場 奈良まほろば館2階
日時 平成30年11月28日(水) 19時00分~20時30分
受講料 無料
募集人数 70名(募集人数を超えた場合は、抽選で決定します。)
受講の可否については、11月21日(水)までに応募いただいた方全員にメールでお知らせいたします。
★申し込みフォームよりお申し込みいただいた後、受付メールが自動で発出されますが、それだけでは受講は確定しておりません。必ず、11月21日にお送りする結果通知で受講の可否をご確認ください。  
申込方法 下の申込フォームから、11月15日(木)午後5時までにお申込みください。
※グループでお申し込みの方は、その旨補足欄に入力ください。
※受講の可否をメールでお送りしますので、携帯電話等でメールの受信制限を設定されている場合は「mahorobakan@office.pref.nara.lg.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。


[講師プロフィール]

 

譽田 亜紀子 氏(フリーライター、土偶女子)

1975年岐阜県生まれ。京都女子大学卒業。広告代理店などを経て、現在はフリーのライター。取材先で出会った奈良県出土の観音寺本馬土偶に衝撃を受け、土偶界へと足を踏み入れる。以降、土偶を求めて全国を奔走し、「土偶女子」として活動する。著書に『はじめての土偶』『にっぽん全国土偶手帖』(世界文化社)『ときめく縄文図鑑』(山と溪谷社)『土偶のリアル』『土偶界へようこそ』(山川出版社)『知られざる縄文ライフ』(誠文堂新光社)『おもしろ謎解き『縄文』のヒミツ: 1万3000年続いたオドロキの歴史』(小学館)『折る土偶ちゃん -作って発掘・縄文おりがみ-』(朝日出版社)など多数。        

 

主催 奈良県 東海旅客鉄道株式会社

この講座に申込む(申込フォームへ)

「橿原考古学研究所創立八〇周年記念 秋季特別展 古代の輝き―日本考古学と橿考研八〇年の軌跡Ⅱ―」見どころ案内new

平成30年11月11日(日)
①13:00~14:30 ②15:30~17:00

 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館で開催される「橿原考古学研究所創立八〇周年記念 秋季特別展 古代の輝き―日本考古学と橿考研八〇年の軌跡Ⅱ―」にあわせて、奈良まほろば館でもこの展覧会を紹介するパネル展示を行います。また、本展の企画を担当した奈良県立橿原考古学研究所附属博物館の 鶴見 泰寿 氏から、本展の見どころ解説を行っていただきます。

 

1.日  時:平成30年11月11日(日)

       第1部 13:00~14:30 第2部 15:30~17:00

       ※第1部と第2部は同じ内容です。

2.講  師:鶴見 泰寿 氏(奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 指導学芸員)

3.会  場:奈良まほろば館2階

4.資料代等:無料

5.定  員:各部70名(先着順)

6.申込方法:
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時(希望の部)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。



お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

この講座に申込む(申込フォームへ)

南都法話会new

平成30年7月14日(土)、9月8日(土)、10月13日(土)、11月10日(土)、12月15日(土)、平成31年1月26日(土) 14時~15時30分

奈良から僧侶をお招きし「なるほどの話」が聞けると好評の法話会がスタートします。
今年度の開催予定は以下のとおりです。
 

第1回

平成30年7月14日(土)

申込は締め切りました。

興福寺・南 俊慶 師
第2回

平成30年9月8日(土)

申込は締め切りました。

西大寺・東條哲圓 師
第3回

平成30年10月13日(土)

申込は締め切りました。

唐招提寺・久保孝学 師
第4回

平成30年11月10日(土)

申込は締め切りました。

東大寺・佐保山曉祥 師
第5回 平成30年12月15日(土) 誕生寺・叢 健太 師
第6回 平成31年1月26日(土) 薬師寺・高次喜勝 師

     

定員 各回70名 
※応募者多数の場合は抽選します。当選者にのみ聴講券を開催日の10日前までに発送します。
(落選した場合の通知は行っておりません。ご了承ください。)
時間  午後2時~午後3時30分 
聴講料  無料
会場 奈良まほろば館2階 

 

申込方法  ハガキ、ホームページ、奈良まほろば館での申込のいずれかの方法でお申し込みください。締め切りは各回1ヶ月前(郵送の場合は前月同日の消印まで。)です。
※初回(第1回)の申し込み締切日は6月26日(火)とさせていただきます。
ハガキ  必要事項(講演名・講演日・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良新聞社東京支社までお送りください。ハガキ1枚につき1回のお申込みです。
ホームページ  下の「申込フォーム」からお申し込みください。 
申込書  奈良まほろば館で配付の申込書に必要事項を記入し、観光コンシェルジュに手渡してください。 


事務局:奈良新聞社東京支社
     〒104-0061 東京都中央区銀座8-12-3 SRビル6階
     電話 03-5565-0031

主 催:奈良まほろば館(奈良県東京事務所)
  

<<お願い>>
・申込受付後に欠席される場合は事前にお知らせください。
・お知らせいただかずに欠席された場合は、今後ご参加いただけない場合があります。限られた定員のため、ご理解を賜りますようお願いいたします。

・申し込みフォームよりお申し込みいただいた後、受付メールが自動で発出されますが、それだけでは受講は確定しておりません。当選者にのみ聴講券を開催日の10日前までに発送します。

 

この講座に申込む(申込フォームへ)

日本最大の円墳!富雄丸山古墳の謎に迫るnew

平成30年11月4日(日)
①13:00~14:30 ②15:30~17:00

 日本最大の円墳である可能性が高くなった奈良市の富雄丸山古墳。平成29年11月に報道発表されて以降注目が集まり、今年度から発掘調査を計画している奈良市埋蔵文化財調査センター職員が東京で初めてその詳細を語ります。

講演では、富雄丸山古墳の概要と現状報告、奈良市埋蔵文化財調査センターのこれまでの取組内容と今後の予定についてお話しします。

 また、発掘調査期間中に富雄丸山古墳の一般向け発掘体験(無料)を実施します。(平成31年1月11日(金)~15日(火)。詳細は奈良市観光協会のホームページ参照)

 平城宮跡北側に広がる佐紀古墳群に大王陵が築造されていた頃、そこから南西へ5km離れた富雄川沿いに突然現れた巨大円墳の謎に迫ります。

 

1.日  時:平成30年11月4日(日)

       第1部 13:00~14:30 第2部 15:30~17:00

       ※第1部と第2部は同じ内容です。

2.講  師:鐘方 正樹 氏(奈良市埋蔵文化財調査センター 所長補佐)

3.会  場:奈良まほろば館2階

4.資料代等:無料

5.定  員:各部70名(先着順)

6.申込方法:
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時(希望の部)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。



お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

この講座に申込む(申込フォームへ)

斑鳩に住まう聖徳太子と大和川new

平成30年11月3日(土)第1部13:00~14:30/第2部15:30~17:00

 聖徳太子が斑鳩に宮を構え、寺院を創建して飛鳥から住まいを移したのはなぜか。

 大和川沿岸の斑鳩・片岡の地域に、聖徳太子薨去後に至っても数多く展開し続けた飛鳥時代寺院から、とくに片岡の西安寺跡・片岡王寺跡の検討を中心に迫っていく。

 

1.日  時:平成30年11月3日(土)

        第1部 13:00~14:30※第1部は、定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

        第2部 15:30~17:00

       ※第1部と第2部は、同じ内容です。

2.講  師:岡島 永昌 氏(王寺町教育委員会 学芸員)

3.会  場:奈良まほろば館2階

4.資料代等:無料

5.定  員:各回70名(先着順)

6.申込方法:※第1部は、定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時(希望の部)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。



お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

この講座に申込む(申込フォームへ)

太子信仰の謎new

平成30年10月28日(日)第1部13:00~14:30/第2部15:30~17:00

 『日本書紀』が聖徳太子(厩戸皇子)を絶賛し、聖者だったと記録したから聖徳太子が信仰の対象になったのではない。

 太子信仰が盛んになったのは平安時代のことで、これには仕掛け人がいた。彼らは純粋に聖徳太子を礼讃したかったわけではない。

 社会の底辺に潜み虐げられていた彼らは、太子信仰を広めることで特権を獲得しようと目論んだのだ。

 「なぜ?」「どのように?」・・・・。太子信仰のカラクリを、解き明かす。

 

1.日  時:平成30年10月28日(日)

        第1部 13:00~14:30※第1部は定員に達したため、締め切りました。

        第2部 15:30~17:00

       ※第1部と第2部は、同じ内容です。

2.講  師:関 裕二 氏(歴史作家)

3.会  場:奈良まほろば館2階

4.資料代等:500円

5.定  員:各回70名(先着順)

6.申込方法: ※第1部は定員に達したため、締め切りました。
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時(希望の部)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

 

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

この講座に申込む(申込フォームへ)

古代の食と酒をさぐるnew

平成30年10月27日(土)第1部11:30~13:00/第2部14:00~15:30

 古代、すでに稲作が広がりをみせていただろう。が、日常食を支えるほどの供給はなかった。

 米は、ハレの日の食材。その米をいちばん手間をかけて加工したのが酒。祝宴とは、酒宴であった。

 今回は、そこでの馳走(ちそう)と器の種々を探ってみたい。

 

1.日  時:平成30年10月27日(土)

        第1部 11:30~13:00

        第2部 14:00~15:30

       ※第1部と第2部は、同じ内容です。

2.講  師:神崎 宣武 氏(民俗学者、旅の文化研究所所長)

3.会  場:奈良まほろば館2階

4.資料代等:500円

5.定  員:各回70名(先着順)

6.申込方法:
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日時(希望の部)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。



お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

この講座に申込む(申込フォームへ)

写経教室(平成30年度)new

10月25日(木)、11月22日(木)、12月13日(木)
19:00~21:00

奈良まほろば館ならではの文化講座です。
奈良の魅力に触れていただけるような内容を盛り込んだ講座を開催しています。
心の休息を求めて、ご参加下さる皆様のお越しをお待ちしております。

◆写経教室(定員20名(先着順))
奈良の法相宗大本山薬師寺からお坊様をお招きし、写経を行います。
この教室では「写経」を行うだけでなく、お坊様より普段は聞くことの出来ない「法話」をお伺いします。
法話を通して奈良の魅力にも触れていただく絶好の機会です。 
完成した写経は、薬師寺の納経堂に納められ永代供養されます。1回だけの受講も可能です。
 ※写経は般若心経又は父母恩重経をお選びいただけます。
 

  
日時:

10月25日(木)、11月22日(木)、12月13日(木)

19:00~21:00                 

資料代等: 1回3,000円(写経納経料含む)
※道具はお貸しいたします。  
講師: 生駒 基達 師(薬師寺 副執事長)


※以前行った教室の様子です。




■申込方法
・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日時(希望の部)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。
お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30~19:00
 〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-6-2 奈良まほろば館2F
 電話03-3516-3931 / FAX03-3516-3932
※参加証等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※受講料は当日開始前に頂戴いたします。
※受付は開始30分前から行います。開始10分前までにお越しください。
※キャンセルされる場合は事前にお知らせください。

この講座に申込む(申込フォームへ)

奈良学ナイトレッスン 平成30年度 第7夜

平成30年10月17日(水)19時00分~20時30分

はじめての正倉院 ― 本物に出会うその前に

 奈良の秋の一大イベントといえば、正倉院展。学校の教科書で習った記憶があるものの、そもそも「正倉院」って何?なぜ「天平の至宝」と呼ばれるの?と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そんな正倉院展鑑賞の初心者の方に向けて、正倉院の成り立ちや天平時代の歴史背景、宝物が現在までどのように守られてきたかをご紹介します。奈良時代の人々の息づかいが聞こえるかのような、一つ一つに物語が秘められた美しい宝物たちが展示される正倉院展。はじめての方でも楽しめるよう、今年の鑑賞ポイントを学んでから、本物の宝物に出会いに行きましょう。

 

★平成30年度 第7夜 

演題 はじめての正倉院 ― 本物に出会うその前に
講師 杉本 一樹 氏(前 宮内庁正倉院事務所長)
会場 奈良まほろば館2階
日時 平成30年10月17日(水) 19時00分~20時30分
受講料 無料
募集人数 70名(募集人数を超えた場合は、抽選で決定します。)
受講の可否については、10月10日(水)までに応募いただいた方全員にメールでお知らせいたします。
★申し込みフォームよりお申し込みいただいた後、受付メールが自動で発出されますが、それだけでは受講は確定しておりません。必ず、10月10日にお送りする結果通知で受講の可否をご確認ください。  
申込方法

※申込みをしめきりました。

下の申込フォームから、10月8日(月)午後5時までにお申込みください。
※グループでお申し込みの方は、その旨補足欄に入力ください。
※受講の可否をメールでお送りしますので、携帯電話等でメールの受信制限を設定されている場合は「mahorobakan@office.pref.nara.lg.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。


[講師プロフィール]

 

杉本 一樹 氏(前 宮内庁正倉院事務所長)

1957年東京都生まれ。東京大学大学院博士課程中退。日本古代史専攻。博士(文学)(東京大学)。1983年より宮内庁正倉院事務所にて、正倉院文書など宝物の調査研究に従事。2008に正倉院事務所長に就任、2017(平成29)年3月、定年退職。4月、正倉院事務所宝物調査員、東大寺学術顧問、奈良文化財研究所客員研究員に就任、現在に至る。著書に『正倉院宝物の世界』(日本史リブレット、山川出版社)、『正倉院 あぜくら通信 宝物と向き合う日々』(淡交社)、『正倉院宝物 181点鑑賞ガイド』(とんぼの本、新潮社)など多数。        

 

主催 奈良県 東海旅客鉄道株式会社

平成30年度中央区民カレッジ連携講座 『万葉集』を読む~大伴家持生誕1300年~

平成30年10月6日(土)、11月25日(日)、12月9日(日)
14:00~15:30

 今年(2018年)は、大伴家持が誕生して1300年目の記念の年にあたります。家持は718(養老2)年に生まれたという説が有力で、約4500余首ある万葉歌の内、1割を超える約480首もの歌を残しており、『万葉集』の編纂者と目されています。

 この講座では、そんな大伴家持を切り口として、現存最古の和歌集であり奈良県にゆかりの深い『万葉集』の魅力を再発見いただけます。

 なお、この講座は、第1回から第3回まですべて受講いただける方を対象に募集いたします。
 

1.日時、講師、内容
 第1回 平成30年10月6日(土) 14:00~15:30
     奈良県立万葉文化館指導研究員 井上 さやか 氏
     「大伴家持と外国文化」
 第2回 平成30年11月25日(日) 14:00~15:30

     鶴見大学文学部教授 新沢 典子 氏
     「大伴家持の歌学び」
 第3回 平成30年12月9日(日) 14:00~15:30

     梅花女子大学文化表現学部教授 市瀬 雅之 氏
     「家持が編んだ『万葉集』」
2.会場:奈良まほろば館2階
3.受講料:900円(3回分)
4.定員:70名(奈良まほろば館での募集は35名)
5.申込方法 ※申込みを締め切りました。
(1)ホームページ
   下の「申込フォーム」からお申し込みください。
    
参加日は、第1回講演日(「2018年10月6日」)としてください。
(2)往復はがき
   往信面裏側に、講座名、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、年齢を、
   返信面表側に、返送先の郵便番号、住所、氏名をご記入ください。
    (返信面裏側には何も記入しないでください。)
   宛先:〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1丁目6-2日本橋室町162ビル2階 奈良まほろば館
 締切:平成30年8月17日(金)必着

 ※定員を超える申し込みをいただいた場合は、抽選により受講者を決定いたします。
 ※中央区在住・在勤・在学の方は、中央区役所でも申し込みができます。
  この場合、どちらか一方での申し込みとし、重複しての申し込みはご遠慮ください。

平成30年度「聖徳太子に学ぶ会~聖徳太子1400年御遠忌に向けて~」

平成30年9月29日(土)、10月20日(土)、11月17日(土)12月8日(土)、1月19日(土)、2月16日(土) 各回13:30~15:30

平成30年度「聖徳太子に学ぶ会~聖徳太子1400年御遠忌に向けて~」

1.日程:
 第1回 平成30年9月29日(土)

  ※定員に達しましたので、締め切りました。

  主題「法隆寺を語る」

  講師 大野 玄妙 師(法隆寺管長)

 第2回 平成30年10月20日(土)

  主題「拓本から見た法隆寺の造像銘」
  講師 東野 治之 氏(奈良大学名誉教授)

 第3回 平成30年11月17日(土)

 ※定員に達しましたので、締め切りました。 

  主題「井上内親王―運命に翻弄された斎宮」
  講師 瀧浪 貞子 氏(京都女子大学名誉教授)
 第4回 平成30年12月8日(土)
  主題「奈良の寺院」
  講師 澤田 享 氏(秋田公立美術大学教授)

 第5回 平成31年1月19日(土)
  主題「止利式仏像の源流」
  講師 大橋 一章 氏(早稲田大学名誉教授)
 第6回 平成31年2月16日(土)
  主題「法隆寺伝来の経絣『広東裂』の伝播と文様復元」

  講師 澤田 むつ代 氏(東京国立博物館特任研究員)
2.会場:奈良まほろば館2階
3.時間:各回 13時30分~15時30分
4.資料代等:1講座につき1,000円
5.定員:各回50名(定員になり次第締切)
6.申込方法:
 受講希望者は、希望する講座の回を記入の上、資料代を郵便局よりお振り込みください。
 振込み後の資料代は返金いたしかねますので、ご承知おきください。
 【郵便振替先】 口座名称 聖徳太子に学ぶ会
         口座番号 00120-5-174040
 ※お申込に関するお問合せは、聖徳太子に学ぶ会事務局まで
  〒174-0065 東京都板橋区若木1-5-14 小松方
  電話 03-3932-8734

過去に開催したイベントはこちら

奈良まほろば館(奈良県東京事務所 情報発信課)

〒103-0022
東京都中央区日本橋室町1-6-2日本橋室町162ビル1F・2F
TEL:03-3516-3931
FAX:03-3516-3932
(1Fショップ直通:03-3516-3933