イベント案内

過去のイベント

平城宮跡と祈りの三古寺

平成28年9月16日(金)〜平成28年9月29日(木)

〜みつきうまし祭りへのいざない〜

 1300年の歴史が眠る「平城宮跡」。奈良時代、「咲く花の匂うがごとく」とうたわれた平城京の中心として、天皇の住まいである内裏や役所が建ち並んでいた場所です。周辺には、平城宮の歴史に深く関わってきた奈良時代創建の三古寺(法華寺・西大寺・海龍王寺)が静かにたたずみ、1300年の祈りを今に伝えています。
 今回、平城宮跡で開催する「みつきうまし祭り」(10/29〜11/6)へのいざないとして「光明皇后・孝謙天皇」母娘に扮した天平美人の情景写真をパネル展示するほか、"奈良時代を感じる"ご朱印巡りをご提案。三古寺のご朱印(実物)を展示するとともに、平城宮跡としては今回初となる「天平祭オリジナルご朱印帳」の完成を記念し、その展示販売も行います。ぜひ天平文化の華やぎ、奈良時代の神髄に触れてください。
※平成28年9月18(日)15:30〜 奈良まほろば館1階で木下由記(妖怪書家 逢香)氏による書画のライブパフォーマンスを行います。今回の撮影で孝謙天皇・称徳天皇に扮した天平美人を演じた木下由記さん。妖怪書家 逢香(おうか)として活動する彼女が、天平衣装の艶やかな姿とは打って変わって、墨一色で書画をみるみる描き出す様子は圧巻!書画で綴る「ゆかしい奈良の物語」をお楽しみください。

【大極殿】

【書画パフォーマンス(JAPANEXPOにて)】

過去のイベント一覧に戻る