イベント案内

過去のイベント

「大和を掘る34−2015年度発掘調査速報展−」ブリーフガイド new

平成28年7月30日(土)〜平成28年8月7日(日)

 毎年恒例の速報展示で今回で34回目となります。2015年度に奈良県内の発掘調査で出土した遺物や調査時の写真パネルなどを展示し、最新の発掘調査成果をご紹介します。展示する遺跡は、古墳時代前期の集落解明が期待される中西遺跡、聖武天皇が行幸した宮滝遺跡、鎌倉時代の復興の様子が明らかになった東大寺東塔院跡、刀装の鋳型が多量に出土した奈良町遺跡など、縄文時代から江戸時代までの32遺跡です。
(本展は、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館で行われます。奈良まほろば館ではパネルによる展示となります。本イベントは2階で開催いたしますが、講演・講座の開催中は会場にお入りいただくことができませんので、あらかじめご了承願います。)
 
 
平城宮朱雀門前の宅地の調査

過去のイベント一覧に戻る