イベント案内

過去のイベント

秋季特別展・特別陳列「飛鳥宮と難波宮・大津宮」ブリーフガイド new

平成26年10月25日(土)〜平成26年11月2日(日)

秋季特別展「飛鳥宮〜天武天皇がおい求めた宮殿〜」 特別陳列「難波宮と大津宮〜飛鳥宮・藤原京への道のり〜」

 奈良県明日香村にある飛鳥宮跡は舒明天皇から持統天皇にいたる歴代の宮殿跡。その最上層の宮殿は天武天皇の飛鳥浄御原宮と考えられています。飛鳥浄御原宮の「大極殿」では天武天皇が律令制定を詔し、修史記定を命じるなど、飛鳥宮跡はまさに律令国家の礎を築いた舞台となりました。特別展では飛鳥宮跡とその周辺の遺跡を紹介して、飛鳥宮跡への理解を深める機会といたします。また、特別陳列では、飛鳥宮と同じ時代の難波長柄豊碕宮と近江大津宮を紹介し、飛鳥宮跡の新たな価値や魅力を考えていただく機会とします。
(本展は、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館でおこなわれます。奈良まほろば館ではパネルによる展示となります。)


飛鳥宮 エビノコ郭正殿復原模型
(奈良県立橿原考古学研究所附属博物館)
 

過去のイベント一覧に戻る