イベント案内

過去のイベント

特別陳列「東海地方からの新しい風 〜古墳出現期の東海系遺物〜」ブリーフガイド new

平成26年2月8日(土)〜平成26年2月16日(日)

奈良県立橿原考古学附属博物館 特別陳列

 古墳出現期において日本列島各地の土器が出土する纒向遺跡は、新たな時代の幕開けを象徴する遺跡です。奈良県立橿原考古学研究所附属博物館では、古墳出現期の纒向遺跡の発掘調査成果を常設展示しており、当館の見どころの一つにもなっています。
 さて、纒向遺跡から最も多く出土している他地域の土器は東海地方の土器であることが知られてきましたが、これまであまり注目される機会はありませんでした。そこで、今回の特別陳列(2月1日(土)〜3月16日(日))では最新の研究成果に基づき、奈良県内で非常に多く出土する東海地方の土器や両地域に分布する資料から明らかになった古墳出現期の交流について紹介します。
(本展は、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館でおこなわれます。奈良まほろば館ではパネルによる展示となります。)

S字状口縁台付甕/纒向遺跡
(橿原考古学研究所附属博物館 所蔵)
 

過去のイベント一覧に戻る