イベント案内

過去のイベント

秋季特別展「美酒発掘」ブリーフガイド new

平成25年10月13日(日)〜平成25年10月20日(日)

 大神神社は記紀万葉の時代から「美酒(味酒・うまさけ)」という枕詞のある三輪に所在する社としてその名が知られ、現在では全国の酒造元の信仰を集めています。奈良市の正暦寺(しょうりゃくじ)は室町時代の清酒発祥の地であり、現代の酒造方法の礎が考案されました。この展覧会では弥生時代〜江戸時代の考古資料を中心に、近世・近代の民俗資料、酒造元で愛用された酒造道具も陳列し、奈良県内の日本酒の酒造元も紹介することで、「酒」の歴史的背景と、現在も続く日本酒文化を再発見していただくことをねらいとしています。
[本展は、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館でおこなわれます。奈良まほろば館ではパネルによる展示となります。]
 

京都府長岡京跡出土 須恵器大甕(8世紀末)
 長岡京市教育委員会所蔵

過去のイベント一覧に戻る