イベント案内

過去のイベント

「弥生時代の石器−リサイクルの先駆け−」

平成25年2月8日(金)〜平成25年2月17日(日)

石器とは、人類が最初に手にした道具です。金属器が登場し普及するまで、人々はさまざまな石を加工し、生活の道具としてきました。今回の展示では石材の特性と石器の関係、石材産地について紹介し、弥生社会における石器の再加工、リサイクルされた資料を展示します。展示を通して、石器における石材選択の重要性や限りある資源に対して人々がどのように対応していたのかを検討し、現代社会の理想ともいえる「循環型社会」について考える機会とします。
[※本展は奈良県立橿原考古学研究所附属博物館で行われます。奈良まほろば館ではパネルによる展示となります。]
  
弥生時代前期の石器(橿原市川西根成柿遺跡)

過去のイベント一覧に戻る