イベント案内

過去のイベント

秋期特別展「『日本国』の誕生〜古事記が出来たころ〜」

平成24年10月16日(火)〜平成24年10月24日(水)

今年は日本の現存最古の歴史書『古事記』が完成してから1300年にあたります。『古事記』がまとめられた頃、国家機構の基本を定めた律令を整備して大宝元年(701)に大宝律令を成立させます。「日本国」という国号を中国王朝に対して初めて名乗ったのもこの時代です。『古事記』が出来たころの都のようすや、「日本国」周辺地域の遺跡や遺物、また編纂者の民部卿太安萬侶についてパネル展示で紹介します。
[※本展は奈良県立橿原考古学研究所附属博物館で行われます。奈良まほろば館ではポスター等による紹介となります。]

  墓誌(拡大) 太安萬侶墓
 

過去のイベント一覧に戻る