イベント案内

過去のイベント

金魚のまち 大和郡山

平成24年5月17日(木)〜平成24年5月29日(火)

 城下町の名残を色濃くとどめる大和郡山。そのシンボルである金魚は、江戸時代に柳沢吉保の子・吉里によって持ち込まれ、幕末になると盛んに養殖されるようになりました。今日では「金魚すくい選手権大会」が開かれるまでになり、全国から大勢の人々を集めています。城下町の西郊、矢田丘陵に建つ矢田寺(金剛山寺)は天武天皇の勅願により建立されたお寺で、この6月、通常非公開の地蔵菩薩立像(重文)が特別開帳されます。また、別名「あじさい寺」と呼ばれるように、6月から7月にかけてはアジサイの花が境内を美しく覆います。イベント期間中、金魚すくい体験(5月26日・27日)を行うほか、矢田寺など大和郡山の観光名所を紹介いたします。

 矢田寺 写真:奈良県ビジターズビューロー
 
 昨年の金魚すくい選手権大会の様子

過去のイベント一覧に戻る