講座案内

過去のイベント

奈良学ナイトレッスン 平成28年度 第7夜 new

平成28年10月21日(金)19時00分〜20時30分

飛鳥の古墳最新事情
−今、飛鳥の古墳がおもしろい!石舞台古墳から高松塚・キトラ古墳まで−

 飛鳥が古墳の宝庫であることをご存知ですか?

お寺や宮殿の跡、謎に満ちた石造物などに目を奪われがちですが、観光スポットになっている石舞台古墳のほかにも、飛鳥にはバラエティに富んだ古墳が数多く存在します。女性を中心とした古墳ブームが広がりましたが、古代史の中心的舞台である飛鳥の古墳について、ご存知ない方も多いのではないでしょうか。

今回の講座では、最新の発掘・研究の成果や、924日にオープンするキトラ古墳壁画体験館の見どころなども交えて、飛鳥の古墳の魅力をたっぷりとご紹介します。思わず飛鳥に足を運びたくなるような、とっておきの話にご期待ください。

★平成28年度 第7夜 

演題 

飛鳥の古墳最新事情

−今、飛鳥の古墳がおもしろい!石舞台古墳から高松塚・キトラ古墳まで−

廣瀬 覚
会場 奈良まほろば館2階
日時
平成28年10月21日(金) 19時00分〜20時30分
受講料 無料
募集人数 70名(募集人数を超えた場合は、抽選で決定します。)
受講の可否については、10月14日(金)までに応募いただいた方全員にメールでお知らせいたします。 
申込方法 下の申込フォームから、10月10日(月・祝)午後5時までにお申込みください
※受講の可否をメールでお送りしますので、携帯電話等でメールの受信制限を設定されている場合は「
mahorobakan@office.pref.nara.lg.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。
 ※申込みを締め切りました。
※未申込みの方および落選された方のキャンセル待ちはございませんのでご了承ください。
※当選された方は当選メールをプリントアウトし、出席表としてお持ち頂きますようお願いいたします。


[講師プロフィール]

廣瀬 覚(ひろせ さとる)

1975年島根県生まれ。立命館大学文学部卒業、立命館大学大学院博士課程修了。現在、独立行政法人国立文化財機構・奈良文化財研究所都城発掘調査部主任研究員。専門は日本考古学、とりわけ古墳時代。学生時代から数多くの古墳の調査に従事。奈良文化財研究所入所後は、特別史跡高松塚古墳・藤原宮などの発掘調査を手がける。主な著作に『古代王権の形成と埴輪生産』(同成社)、「日韓の王陵および壁画古墳の比較研究序説」『日韓文化財論集掘戞奈良文化財研究所)などがある。



 

主催 奈良県 東海旅客鉄道株式会社

過去の講座一覧に戻る