講座案内

過去のイベント

平城宮の祈り

平成28年9月18日(日) 13:30〜15:00

〜留学僧がもたらした、安らけし仏教による安らけし都づくり〜

 天変地異および地方での反乱が相次いだ奈良時代、安らかな国と、人々の安らかな暮らしを願っていたひとりの女性が、唐に渡った留学僧の帰りを待っていました。留学僧・玄掘覆欧鵑椶Α砲帰国を果たすと、光明皇后は「仏教による安らけし都づくり」を始められます。
 海龍王寺と玄靴「安らけし都づくりに」関わった経緯と経過についてお話しさせていただくとともに、天平祭の魅力と、ポスター撮影現場の様子と裏話についてもお話をさせていただきます。[「平城宮跡と祈りの三古寺〜みつきうまし祭りへのいざない〜」イベント連携講演です。]
 
1.日 時 : 平成28年9月18日(日) 13:30〜15:00
2.講 師 : 海龍王寺 住職 石川 重元(いしかわ じゅうげん) 師
(講師プロフィール)
1966年、奈良生まれ。1989年、種智院大学を卒業し、1990年まで京都 仁和寺において修行。1991年、海龍王寺住職を拝命。「仏教を面白く、わかりやすく伝えたい」をモットーに、仏教的な感性や感受性を大切にしながら、人・物・歴史と丁寧に向き合う。

3.会 場 : 奈良まほろば館2階
4.資料代等: 無料
5.定 員 : 70名(先着順)
6.申込方法:※定員に達したため、申込みを締め切りました。
・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日・希望時間(部)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

 

過去の講座一覧に戻る