講座案内

過去のイベント

ワークショップ「吉野のかくれ里・おおよどの魅力を語る」(第2回/全4回)

平成28年7月16日 14:00〜15:00

歴史の裏側の吉野

吉野には、華やかな歴史の表側に出てこない、裏の歴史が潜んでいます。それは、敗者となった人々、それを語り継いできた人々の地域史でもあります。このワークショップでは、著名な歴史作家の関裕二さんが、多くの貴人が逃れた吉野の謎に迫り、みなさんを知られざる吉野へと誘います。

1.日 時 : 平成28年7月16日(土) 14:00〜(1時間程度)
2.演 題 : 歴史の裏側の吉野
3.講 師 : 関 裕二 氏(歴史作家)
  ※講演後、関さんと吉野を語る会あり
4.会 場 : 奈良まほろば館2階
5.資料代等: 無料
6.定 員 : 70名(先着順)
7.申込方法 : ※定員に達したため、申込みを締め切りました。
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろ
 ば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932

※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

【講師プロフィール】
 関 裕二 氏
 1959年、千葉県生まれ。仏教美術に関心をもち、奈良に通ううち、独学で日本古代史を研究、1991年に『聖徳太子蘇我入鹿である』でデビュー、以後古代をテーマに執筆活動を続けている。 


 

過去の講座一覧に戻る