講座案内

過去のイベント

平成28年度中央区民カレッジ連携講座「記紀・万葉のふるさと奈良〜志貴皇子とその時代〜」

平成28年10月9日(日)、11月20日(日)、12月18日(日)、平成29年1月22日(日)【全4回】14:00〜15:30

 奈良県は、記紀・万葉(『古事記』『日本書紀』『万葉集』)のふるさと。これらは現存する日本最古の歌集や歴史書として、世代を問わず多くの人に親しまれています。
 今年はとくに志貴皇子没後1300年を迎えることから、この講座では、歌人として名高い志貴皇子にスポットをあて、『万葉集』に収録されている彼や彼の子孫たちの歌、彼が生きた時代背景などを探り、新たな視点から記紀・万葉に親しんでいただきます。


※志貴皇子(生年不詳〜716年)
 天智天皇の第七皇子。没後、その子である光仁天皇が即位したことから、春日宮天皇の称号が贈られました。『万葉集』には6首の歌が収録されています。
 なお、この講座は、第1回から第4回まですべて受講いただける方を対象に募集いたします。
 

 回数  日程 講義内容 講師名

第1回

 
10月9日(日)


志貴皇子歌と『万葉集』の編纂
 ※終了しました。
 
梅花女子大学文化表現学部教授 
 市瀬 雅之 氏

第2回

 
11月20日(日)

万葉集に残る志貴皇子の影
〜目録・注記・配列〜
 
※終了しました。
鶴見大学文学部准教授
 新沢 典子 氏

第3回





第4回



12月18日(日)




1月22日(日)



天智系皇子はいつ復権できたのか
〜志貴皇子への追尊〜
 ※終了しました。


采女の袖吹き返す明日香風
〜志貴皇子没後1300年
  ※終了しました。

早稲田大学非常勤講師
 松尾 光 氏



奈良県立万葉文化館指導研究員
 井上 さやか 氏


会場:奈良まほろば館2階
時間:午後2時から午後3時30分まで
受講料:1,200円(4回分)
定員:70名(奈良まほろば館での募集は35名)

申込方法 
ホームページ 下の「申込フォーム」からお申し込みください。
 
参加日は、第1回講演日(「2016年10月9日」)としてください。
往復はがき 往信面裏側に、講座名、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、年齢を、
返信面表側に、返送先の郵便番号、住所、氏名をご記入ください。
 (返信面裏側には何も記入しないでください。)
宛先:〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1丁目6-2 日本橋室町162ビル2階  奈良まほろば館

締切:平成28年9月8日(木)必着 
      ※申込みを締め切りました。
※定員を超える申し込みをいただいた場合は、抽選により受講者を決定いたします。
※中央区在住・在勤・在学の方は、中央区役所でも申し込みができます。この場合、どちらか一方での申し込みとし、重複しての申し込みはご遠慮ください。

過去の講座一覧に戻る