講座案内

過去のイベント

なら学東京講座(第1回)

平成27年2月11日(水・祝) 13時00分〜14時30分

奈良女子大学文学部なら学プロジェクトのスタッフによる連続講座が今年度も開講します。
「奈良」への深い視点と新しい視点。
その不思議な魅力にぜひ触れてみてください。
 
1.内  容 : 平成27年2月11日(水・祝)
         「万葉集と漢字」 尾山 慎 氏(研究院人文科学系言語文化学領域准教授)
  【概要】 万葉集が編まれた時代にはまだ平仮名片仮名が生まれていなかった。人々は漢字だけで歌を記し、そしてその文字を通して歌を味わっていた。漢字しかないというと、現代とはあまりにも隔絶した世界のように思えるが、実は、私たちが日常行っている訓読み、音読み、送り仮名といった基本的な日本語の書き方の、その礎はすでにこの時代に見ることができる。漢字という中国の文字を自分たちのものにするための、彼らのあくなき工夫とその叡智を、具体的に万葉集の歌々を通して見てみたい。
2.時  間 : 13時00分〜14時30分(1時間半程度)
3.会  場 : 奈良まほろば館2階
4.資料代等 : 無料
5.定  員 : 70名(先着順)
6.申込方法 ※定員に達しましたので、申込を締め切りました。  
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

<予告> ※第2回以降は、開催日約1ヶ月前より募集を開始します。
第2回(平成27年2月21日開催予定)
 演題 「東アジアにおける仏教の公伝」
 講師 河上 麻由子 氏(研究院人文科学系人文社会学領域准教授)
第3回(平成27年3月7日開催予定)
 演題 「池田小菊−志賀直哉に師事した奈良の女性作家−」
 講師 吉川 仁子 氏(研究院人文科学系言語文化学領域講師)
第4回(平成27年3月21日開催予定)
 演題 「源義経と奈良」
 講師 前川 佳代 氏(古代学学術研究センター協力研究員)

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00

 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932

※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※キャンセルされる場合は事前にお知らせください。

過去の講座一覧に戻る