講座案内

過去のイベント

藤原京からはじまる物語 〜発掘からみえてきたもの〜

平成25年5月18日(土)14時00分〜15時30分

 世界遺産をめざす「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群」の中核の一つが、名勝大和三山に囲まれた特別史跡藤原宮跡です。その城下町で日本最初の中国式都城である「藤原京」は、法治国家の道を歩みだした「日本国」の最初の首都として誕生しました。推定人口3〜5万人、歴史上なじみの深い若き日の天平文化の立役者、多くの国家公務員、他地域からの労働者や海外からの来訪者まで集住した、それまでの日本になかった一大人口密集地だったのです。
 1万人ともいわれる藤原宮で働く国家公務員の働きぶりからはじめての都ぐらしの裏側まで、藤原京の一等地から郊外地まで発掘調査を担当してきた橿原市の埋蔵文化財技師が、発掘調査の成果や関連エピソードを交えてご紹介します。
[*「はじまりの物語 〜橿原のみやげ物発掘秘話〜」連携講演です。]

1.日  時:平成25年5月18日(土) 14時00分〜(1時間半程度)
2.講  師:露口 真広 氏(橿原市総合政策部世界遺産推進課 埋蔵文化財発掘技師)
3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:無料
5.定  員:70名(先着順)
6.申込方法 :定員に達しましたので、申込を締め切りました。 
 ・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。
 
お問い合わせ先 :
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00

 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932

※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。


過去の講座一覧に戻る