講座案内

過去のイベント

奈良トライアングルミュージアムズ 東京セミナー(第5回)

平成25年1月13日(日)13時30分〜15時00分

入江泰吉と見る大和の国の万葉集

写真家・入江泰吉の愛した大和の国は万葉歌の宝庫であります。
入江の作品に写しこまれた万葉の風景を、万葉歌とともに味わうとともに万葉集の理解を深めていただきます。
 

入江泰吉「飛鳥川稲淵」
 

1.日時 : 平成25年1月13日(日) 13時30分〜(1時間半程度)
2.講師 : 村田 右富実 氏(むらた・みぎふみ/大阪府立大学教授)
3.会場 : 奈良まほろば館2階

4.資料代等 : 無料
5.定員 : 70名(先着順) 
6.申込方法 : ※定員に達しましたので、申込を締め切りました。
 ・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。
 
お問い合わせ先 :
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00

 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932

※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

◆村田 右富実(むらた みぎふみ)

大阪府立大学教授。専門は日本上代文学。著書に『柿本人麻呂と和歌史』(和泉書院)、『南大阪の万葉学』(大阪公立大学共同出版会・廣川晶輝氏との共著)、監修に『マンガ遊訳 日本を読もう わかる古事記』(西日本出版社)など。


◆入江 泰吉(いりえ たいきち)1905〜1992 
 
約半世紀にわたって奈良大和路の風物を撮影し続けた写真家。生涯に残した作品は80,000点以上にのぼり、仏像、風景、伝統行事、万葉の花などをテーマに作品づくりを行った。数多くの写真集や著書も手がけ、『古色大和路』『萬葉大和路』『花大和』の三部作に対しては、日本文学振興会より第24回菊池寛賞が贈られる。

◆入江泰吉記念奈良市写真美術館
 
入江泰吉が生前に奈良市に自身の全作品と著作権を寄贈し、これを機に奈良市が1992年に奈良市写真美術館を開設した。同館は西日本で最初の写真専門の美術館で、入江泰吉作品を中心に展示事業を展開し、日本の美と文化、そして写真文化の発信につとめている。

過去の講座一覧に戻る