講座案内

過去のイベント

古くて新しい味…「醤(ひしお)」四方山話

平成24年11月24日(土)18時30分〜20時00分
平成24年11月25日(日)11時30分〜13時00分

…日本人はなぜカツオ節の出汁としょうゆ味に魅かれるの?…

発酵食品「醤(ひしお)」のお話と、古代の製法と現代の技術を駆使して作られた「古代ひしお」を使ったお弁当“菜良美良御膳”(ならみらごぜん)をお楽しみいただくことができます。

【菜良(なら)美良(みら)御膳】
「菜良」は奈良を野菜がおいしいをイメージで 「みら」とは食べると美味しいことをいう古語

1.日時 : 第1回 平成24年11月24日(土)18時30分〜20時00分 ※終了しました。
       第2回 平成24年11月25日(日)11時30分〜13時00分 
        ※第1回・第2回共に定員に達しましたので、申込みを締め切りました。
        ※お弁当のお献立は同じです。 
2.会場 : 奈良まほろば館2階
3.講師 : 横井 啓子 氏

【横井啓子プロフィール】
    1949年生まれ
    奈良県在住
厚生省(現在の厚生労働省)の「第1次国民の健康づくり対策」の一環である食生活改善推進協議会会員を経て 
・2005年4月『なら食』研究会
・2010年7月『食ゆき奈良』を立ち上げ、現在、双方ともに代表を務める。
・2001年から奈良時代の「醤(ひしお)」の調査研究を始め、2007年復元
・2011年9月日本醤油協会醤油地域貢献賞受賞
・2012年6月日本食文化のユネスコ無形文化遺産化推進協議会会員

4.弁当代等 : 1,000円
5.定員 : 各回20名(先着順) 
 ※第1回・第2回共に定員に達しましたので、申込みを締め切りました。
6.申込方法 : 
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日・希望の回・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。
 
お問い合わせ先 :
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00

 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932

※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。なお、3日前以降にキャンセルされた場合はキャンセル料として1,000円をいただきますので、ご了承ください。

過去の講座一覧に戻る