講座案内

過去のイベント

奈良トライアングルミュージアムズ 東京セミナー(第3回)

平成24年11月11日(日)13時30分〜15時00分

入江泰吉没後20年特別企画
「〜入江泰吉の心象風景〜古色大和路」講演会

 奈良大和路の風物とそこに息づく歴史、表情豊かな自然をこよなく愛した写真家・入江泰吉が残した作品から、大和の美と歴史をあらためて感じていただきます。講演会は、開催中(10月6日〜12月24日)の「〜入江泰吉の心象風景〜古色大和路」展にあわせ、入江が新境地をひらくことになった「古色(こしょく)」をテーマに、“入江調”と称される叙情奏でる作品から入江の心象風景を語ります。
 

 秋深き法起寺

入江 泰吉(いりえ・たいきち)1905〜1992
 約半世紀にわたって奈良大和路の風物を撮影し続けた写真家。生涯に残した作品は80,000点以上にのぼり、仏像、風景、伝統行事、万葉の花などをテーマに作品づくりを行った。数多くの写真集や著書も手がけ、『古色大和路』『萬葉大和路』『花大和』の三部作に対しては、日本文学振興会より第24回菊池寛賞が贈られる。
 
入江泰吉記念奈良市写真美術館
 入江泰吉が生前に奈良市に自身の全作品と著作権を寄贈し、これを機に奈良市が1992年に奈良市写真美術館を開設した。同館は西日本で最初の写真専門の美術館で、入江泰吉作品を中心に展示事業を展開し、日本の美と文化、そして写真文化の発信につとめている。

1.日時 : 平成24年11月11日(日) 13時30分〜(1時間半程度)
2.会場 : 奈良まほろば館2階
3.講師 : 説田 晃大 氏(入江泰吉記念奈良市写真美術館 主任学芸員)
4.資料代等 : 無料
5.定員 : 70名(先着順)
6.申込方法 : ※定員に達しましたので、お申込みを締め切りました。
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。
 
お問い合わせ先 :
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00

 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932

※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

過去の講座一覧に戻る