講座案内

過去のイベント

奈良学ナイトレッスン 第六期 第1夜

平成24年10月29日(月)19時00分〜20時30分

「いま、記紀・万葉の奈良を巡る」(全3夜)

静かな古寺、ほほえむ仏さま、神の気配のする山河―。
奈良の風土や貴重な文化財は、はるかな古代のいぶきを今に伝えています。
奈良学ナイトレッスンは、歴史や文芸、美術などの視点から、
やさしく楽しく奈良を学ぶ、歴史文化講座です。
お仕事帰りのひととき、奈良に思いをはせる宵をどうぞ。

★第六期
テーマ 「いま、記紀・万葉の奈良を巡る」(全3夜)
講師 村田 右富実 先生 (大阪府立大学教授)
演題

第1夜 王たちの「妻問ひ」−『古事記』と『万葉集』−

会場 奈良まほろば館2階
日時

平成24年10月29日(月) 19時00分〜20時30分

受講料 無料
募集人数 60名(募集人数を超えた場合は、抽選で決定します。受講の可否については、10月22日(月)までに応募いただいた方全員にメールでお知らせいたします。)
※抽選結果を21日にお申込みされた方全員にお送りしています。連絡が届いていない場合は、お手数ですが直接電話でご確認ください。
申込方法 ※お申し込みは終了いたしました。
※受講の可否をメールでお送りしますので、携帯電話等でメールの受信制限を設定されている場合は、mahorobakan@office.pref.nara.lg.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。
※未申込みの方および落選された方のキャンセル待ちはございませんのでご了承ください。

[講師プロフィール]
村田 右富実(むらた・みぎふみ 大阪府立大学教授)
1962年北海道生まれ。北海道大学文学部卒業。同大学博士後期課程単位取得退学。博士(文学)(北海道大学)。大阪女子大学勤務を経て現職。萬葉学会会員。上代文学会理事。上代文学、とりわけ『万葉集』を中心として、和歌の成立などを研究テーマとする。著書に『柿本人麻呂と和歌史』(和泉書院 上代文学会賞受賞)、共著に『万葉集を問う』(新典社)、『南大阪の万葉学』(大阪公立大学共同出版会)、監修に『マンガ遊訳 日本を読もう わかる古事記』(西日本出版社)などがある。

主催 奈良県 東海旅客鉄道株式会社
 
*これまでの「奈良学ナイトレッスン」の抄録をJR東海ホームページでご覧いただけます。(http://nara.jr-central.co.jp/event/mini/index.html) 

過去の講座一覧に戻る