講座案内

過去のイベント

奈良トライアングルミュージアムズ 東京セミナー(第1回)

平成24年8月4日(土)13時30分〜15時00分

演題「東大寺の鎌倉再興をめぐる信仰と美術」

 治承4年(1180)の南都焼き討ちにより、東大寺は伽藍の大半を失うとともに、日本仏法の象徴たる盧舎那大仏にも甚大な被害が及びました。この未曾有の法難に際し、仏法を再生すべく大勧進として再興事業を指揮したのが俊乗房重源です。重源は後白河法皇の支援のもと大仏の鋳造や大仏殿の建立などを次々に進めますが、建久3年(1192)に法皇が崩ずると、その後を受けた源頼朝が最大の外護者となり、「大檀越」と称されるにふさわしい活躍でこの大事業を支えました。本講演では、これら多くの人々の尽力により成し遂げられた東大寺再興の軌跡をたどります。

1.日時 : 平成24年8月4日(土) 13時30分〜(1時間半程度)
2.会場 : 奈良まほろば館2階
3.講師 : 山口 隆介 氏(奈良国立博物館 研究員)
4.参加料 : 無料
5.定員 : ※定員に達しましたので申し込みを締め切りました。
6.申込方法 :
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。
 
お問い合わせ先 :
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00

 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932

※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

過去の講座一覧に戻る