講座案内

過去のイベント

岡寺 法話会

平成24年7月12日(木)13:00〜・15:00〜(各1時間程度)

飛鳥の古刹・「岡寺」の魅力を副住職さまにお話しいただきます。

岡寺(おかでら)の正式名称は龍蓋寺(りゅうがいじ)といい、境内には龍を閉じ込めたという龍蓋池が残っています。
飛鳥時代末から奈良時代初めの創建と伝えられ、奈良時代の僧・義淵が天武天皇の皇子・草壁皇子が住んでいた岡宮の跡に建立したといわれています。
本尊の如意輪観音菩薩坐像(重文)は塑像としては日本最大で、厄除け観音として信仰を集めています。
また、毎年10月の第3日曜日には、年に1度の三重宝塔の壁画公開が行われます。

1.日 時 : 平成24年7月12日(木)。隠魁В娃亜繊伸■隠機В娃亜繊奮藤瓜間程度)
        ※_麑椶鉢回目は同じ内容です。
2.講 師 : 川俣 海雄 師(岡寺 副住職)
3.会 場 : 奈良まほろば館2階
4.受講料 : 無料
5.定 員 : 各回70名(先着順)
6.申込方法 :
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日・ご希望の回・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。補足欄に必ずご希望の回を明記してください。
 
お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00

 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932

※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 
 

過去の講座一覧に戻る