講座案内

過去のイベント

奈良トライアングルミュージアムズ「巡る奈良公園芸術セミナー」

平成24年1月22日(日)13時30分〜15時30分

第6回「やまとの地宝−遺物が語る奈良の歴史−」

世界遺産に登録された文化財、自然がいっぱいの奈良公園・・・。
この公園のもう一つの魅力は、文化芸術にあふれたスポットが数多く点在していることです。
今回奈良トライアングルミュージアムズの取組の一つとして、「巡る奈良公園芸術セミナー」を
開催し、奈良公園散策でぜひ訪ねていただきたい博物館、美術館の魅力を紹介します。

【奈良トライアングルミュージアムズとは?】
 様々な文化財と奈良のもつ歴史・文化的景観の有機的な連携を念頭に、新たな奈良文化を情報発信する一助として、平成22年度から奈良国立博物館・奈良県立美術館・入江泰吉記念奈良市写真美術館の3館が連携し、情報リーフレット「奈良トライアングルミュージアムズ」を発行するなど、文化施設の周遊を促進する取り組みを行っています。

第6回「やまとの地宝−遺物が語る奈良の歴史−」

1.日時 : 平成24年1月22日(日) 13時30分〜15時30分
2.会場 : 奈良まほろば館2階
3.講師 : 橋本 裕行(はしもと ひろゆき)氏/奈良県立橿原考古学研究所 事業計画課長
4.受講料 : 無料
5.定員 : 70名(先着順)
6.申込方法 :
 ・ハガキまたはFAX
  必要事項(講演名・講演日・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
 ・ホームページ
  下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。


○内容
中国の陝西歴史博物館において2011年の秋に行われた特別展『日本考古展』は、古代の日本の政治の中心に位置する奈良県の発掘調査で出土した遺物の中から重要な品々を一堂に集めて開催されました。
『日本考古展』は、奈良県と中国陝西省の友好提携締結を記念して、奈良県、奈良県立橿原考古学研究所、陝西省、陝西歴史博物館が共同で実施したもので、中国で初めて行う日本考古学の展示ということで好評を博し、普段とは異なる中国という場所で見ることで、改めて日本の良さを知ったという声もありました。
奈良県立美術館で2〜3月に行われる特別企画展『やまとの地宝』は、この中国で開催し注目された『日本考古展』の帰国記念として、その雰囲気を奈良県でも味わっていただく趣旨で開催します。そして今回は、『やまとの地宝』の展示品に関連して、奈良県の最新の発掘情報を紹介します。また、中国の『日本考古展』の様子も紹介します。

奈良県立橿原考古学研究所
 1938年の創立以来、70年以上にわたり発掘調査と研究をおこなってきました。その間には、高松塚古墳、藤ノ木古墳、黒塚古墳など歴史を塗り替えるような発見も少なくありません。また、附属博物館も併設され調査・研究と展示部門が一体で運営されているのが特徴です。

過去の講座一覧に戻る