講座案内

過去のイベント

達磨寺(王寺町)と達磨堂(天川村) new

平成29年10月26日(木)14:00〜15:30

 聖徳太子と達磨大師の出会いの地に建立された達磨寺(王寺町)。本尊には中央の千手観音像に加え、国指定重要文化財の「木造聖徳太子坐像」と「木造達磨坐像」が祀られている。この聖徳太子と達磨大師の組み合わせは、片岡飢人伝説が伝わる達磨寺にしか知られていなかったが、なんと吉野郡天川村にも同じ組み合わせで祀られているお堂があった。その名も達磨堂。古くから地域の人々によって大切に祀られていた両像は、その像容も達磨寺のものとよく似ている。なぜ王寺から遠く離れた天川の地に聖徳太子と達磨大師が祀られているのか。王寺と天川の歴史に詳しい二人の専門家が奥深い奈良の歴史の謎にせまります。
 
1.日  時:平成29年10月26日(木)14:00〜15:30
2.講  師:池田 氏(吉野歴史資料館長)

       岡島 永昌 氏(王寺町教育委員会 学芸員)

3.会  場:奈良まほろば館2階
4.資料代等:無料
5.定  員:70名(先着順)
6.申込方法:
・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 

過去の講座一覧に戻る