講座案内

過去のイベント

遣唐使船がのせた夢 ── 阿倍仲麻呂遣唐1300年 第2回 new

平成29年3月5日(日)13:30〜15:00

阿倍仲麻呂の生涯を描く──絵本『天の原ふりさけみれば』ができるまで

 それでも日本人は唐に行かなければ──
 命を危険にさらしながらも、青海原を越えた遣唐使たち。彼らはどのような使命を胸に抱き、日本に何をもたらしたのでしょう。阿倍仲麻呂が唐に派遣されて1300年の今年、遣唐使にまつわるお話を三回にわたってお届けします。


1.日  時:平成29年3月5日(日) 13:30〜15:00
2.演  題:「阿倍仲麻呂の生涯を描く──絵本『天の原ふりさけみれば』ができるまで」
 『天の原ふりさけみれば 日本と中国を結んだ遣唐使・阿倍仲麻呂』の著者すずき大和先生が、絵本の創作秘話をやさしく語ります。資料や取材から想像した玄宗皇帝との絆や人物造形の秘密など、絵本の制作過程を知る貴重な機会です。
3.講  師:すずき 大和 氏(漫画家・絵本作家)

<講師プロフィール>
福島県生まれ。NHK 「ものしり博士」「ひょっこりひょうたん島」等のイラストを手がけ、共同通信の世相漫画でも活躍。「哀MY展覧会」で文藝春秋漫画賞、『奥の細道』で日本漫画家協会賞特別賞受賞。作品に『まんが松尾芭蕉の更科紀行』(さらしな堂発行・河出書房新社発売)『ばしょうさんとおばすて山の月』(しなのき書房)『絵本いっきゅうさん』(チャイルド本社)他多数。
4.会  場:奈良まほろば館2階
5.資料代等:無料
6.定  員:70名(先着順)
7.申込方法:※定員に達したため、申込みを締め切りました。
・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

◇今後の講座内容<予定>
 ※各回の受講者の募集は、各回開催日の約1ヶ月前より行います。

第3回 日時:平成29年3月12日(日)13:30〜15:00
    演題:阿倍仲麻呂が見つめた東アジア
    講師:来村 多加史 氏(阪南大学教授)
 

過去の講座一覧に戻る