講座案内

過去のイベント

奈良学ナイトレッスン 平成28年度 第11夜

平成29年2月2日(木)19時00分〜20時30分

今、大注目!女人高野・室生寺の秘密めぐり

女人高野・室生寺には、奈良時代より平安・鎌倉時代にかけて生まれた、美しい仏像や堂塔伽藍が千二百年の時を刻みつつ、信仰とともに息づいています。そんな今注目の室生寺を訪れてみたいと思っている貴方のために、『秘密めぐり』案内役として、室生寺の網代裕康さんをお招きします。

可憐な五重塔と龍神の秘密など、拝観時に知っていると、さらに興味が沸いてくる境内や仏像のエピソード、そして密教のお話も交えてたっぷり語っていただきます。これで貴方も室生寺通!

 

★平成28年度 第11夜 

演題 

今、大注目!女人高野・室生寺の秘密めぐり

網代裕康 氏

会場 奈良まほろば館2階
日時
平成29年2月2日(木) 19時00分〜20時30分
受講料 無料
募集人数 70名(募集人数を超えた場合は、抽選で決定します。)
受講の可否については、月27日(金)までに応募いただいた方全員にメールでお知らせいたします。 
申込方法 下の申込フォームから、1月24日(火)午後5時までにお申込みください
※受講の可否をメールでお送りしますので、携帯電話等でメールの受信制限を設定されている場合は「
mahorobakan@office.pref.nara.lg.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。
※申込みを締め切りました。
※未申込みの方および落選された方の
※未申込みの方および落選された方のキャンセル待ちはございませんのでご了承ください。
※当選された方は当選メールをプリントアウトし、出席表としてお持ち頂きますようお願いいたします。


[講師プロフィール]

網代裕康(あじろ・ゆうこう)(真言宗室生寺派大本山室生寺教務執事)
 


 


 

 

1958年東京都生まれ。大正大学仏教学部卒業、同大学院修士課程修了、学長賞受賞。室生寺副住職として前管長を補佐(20042014)。現在は真言宗室生寺派蓮華寺(東京都杉並区)住職を兼務。専門は真言密教の文献学的研究及びパーリ語仏教原典研究。東方学院(東大名誉教授・故中村元博士設立)にて『反密教学』の著者・津田眞一博士(国際仏教学大学院大学名誉教授)に師事。学会筆名は中條裕康。主な加入学会は日本印度学仏教学会、仏教文化学会、東方研究会、豊山教学振興会。仏教総合誌・月刊『大法輪』の特集記事にたびたび寄稿。

主催 奈良県 東海旅客鉄道株式会社

過去の講座一覧に戻る