イベント案内

奈良墨展new

平成29年12月28日(木)〜平成30年1月8日(月)

 奈良の伝統工芸品の一つ「奈良墨」。室町期に興福寺二諦坊(にたいぼう)で持仏堂(じぶつどう)の灯明のすすを集め、これに膠(にかわ)を混ぜて作ったのが始まりとされています。奈良の墨づくりは毎年10月中旬から翌年4月下旬までの寒期に行われ、現在も全国の書道家、水墨画家等に愛されています。
 今回の展示では、奈良墨の歴史や作り方などをパネル等でご紹介するとともに、奈良墨の販売も行い、たっぷりと奈良墨の魅力をお伝えします。

【 奈良墨 】

長谷寺展 〜冬に出会える奈良の魅力〜new

平成29年12月19日(火)〜12月26日(火)

真言宗豊山派の総本山であり、西国三十三所観音霊場第8番札所の長谷寺は、686年天武天皇の病気治癒を願って道明上人が開創なされました。
今回の展示イベントでは、冬の長谷寺の魅力である「寒牡丹・冬牡丹」・「万燈会」や「だだおし」の行事等を紹介するとともに、平成3031日から大講堂で特別に公開される日本最大の掛軸「大観音大画軸」をご紹介致します。冬の長谷寺の魅力を見つけに是非ご来場ください。

第3回奈良県靴下組合ブランド「The Pair」展示・販売会〜先進の履き心地をあなたに〜new

平成29年12月12日(火)〜平成29年12月17日(日)

 奈良で育まれた歴史ある靴下づくりのノウハウと技術力で、常に履き心地の良さにこだわり続ける生産者が集結しThe Pair ブランドを立ち上げました。
 その精鋭が、足にフィットし履き心地の良い完璧なデザインで造り上げたプレミアムな靴下ブランドです。「The Pair」は、造りDesign が違います。
 素材、糸のバランス、編立て構造や縫い目、仕上げからパッケージに至るまで、すべてにおいてコンプリートされた製本、「さむらい」「おでかけ」「いやし」の3シーンに最適な履き心地を追求した靴下をご提案します。
 2018年春夏新製品の提案・展示と、いま履いていただける冬物製品の販売会を実施します。

過去に開催したイベントはこちら