お申込みフォーム

この講座はページ下の申込フォームよりお申込みいただけます。
※当サイトのプライバシーポリシーはこちら

「ヤマトの古墳と遺跡」特別講演〜天理市・川西町〜 new

平成29年8月5日(土)14:00〜15:40
平成29年8月6日(日)14:00〜15:40

 日本の源流トライアングルともいえる、飛鳥以前の国づくりの舞台となった「ヤマト王権」発祥の地である、天理・桜井・川西・三宅・田原本。ここには、数々の古墳や古代祭祀の遺跡が、自然の景色の中に溶け込み、ここに暮らす人々の日常の風景となっています。
 しかしそこには、歴史と神話が織成す伝説や伝承があり、万事が日本のはじまりに繋がり、他にない異彩を放っています。
 本講演では、関係する地域に点在する遺跡や古墳の調査成果等を、各地域の専門家にそれぞれお話しいただきます。
 
1.日  時:第1回 平成29年8月5日(土)14:00〜15:40 
       
第2回 平成29年8月6日(日)14:00〜15:40 
       ※第1回と第2回は同じ内容です。
2.内  容: 
講座 陛畦市)
講師:村下 博美 氏(天理市教育委員会文化財課 主任主事
演題:「ヤマト王権と大和・柳本古墳群」 
 奈良盆地東南部の龍王山の裾野には、ヤマト王権の象徴である大和・柳本古墳群が展開しています。大和柳本古墳群は初現期の古墳で構成されており、古墳の出現を考えるうえで重要な古墳群です。また周辺には、古墳の増築に築造に関わったと考えられる集落遺跡が存在します。講座では、集落遺跡と古墳群の展開を中心に解説します。
 
講座◆弊鄒渉)
講師:見須 俊介 氏(川西町教育委員会事務局社会教育課 主任
演題:「『中心』としての島の山古墳」
 奈良盆地中央部に位置する島の山古墳は4世紀末から5世紀初の間に築造された全長200mの大型古墳です。約20年前の発掘調査により、国内最大数の石製腕輪が出土しました。
 その後古墳は国史跡に指定され、出土品は国の重要文化財に指定されました。その後も発掘調査が行われ、新しい発見もありました。今回はそれらの成果を含め、時代的にも立地的にも規模としても「中心」に位置する島の山古墳の位置づけについて考察したいと思います。

※ 約50分ずつ、上記2名の講師のリレー形式でお話しいただきます。

3.会  場:奈良まほろば館2階
 
4.資料代等:無料
5.定  員:各回とも70名(先着順)
6.申込方法:第1回 8月5日は、定員に達したため、申込みを締め切りました
・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日時・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。


お申込みフォーム

 

※2名以上申込みされる場合、お手数ですが、1人づつ申込み手続きを行って下さい。

講座名 「ヤマトの古墳と遺跡」特別講演〜天理市・川西町〜
参加日
希望の部
※参加日の講座が複数部開催の場合のみ選択して下さい。
希望の部 第
お名前
お名前(ふりがな)
住所 - 例)123-4567

電話番号(半角) - - 例)03-3516-3931
ファックス番号(半角) - - 例)03-3516-3932
E-Mail 例)abc@sample.jp
E-Mail(確認用) 例)abc@sample.jp
年齢
補足欄

※必須 」は必須入力事項です。