講座案内

まほろば倶楽部 奈良カルチャー教室 [日本画教室]new

平成28年9月20日(火)、10月18日(火)、11月15日(火)、12月20日(火)

奈良まほろば館ならではの文化講座です。みなさまのご参加をお待ちしております。
 
◆日本画教室(定員20名(先着順))
 昨年に続き、東京藝術大学大学院で文化財の保存修復を学ばれた方々をお招きします。
 今年は教室の開催される時期にそれぞれ、国宝特別公開として興福寺の五重塔と三重塔が初の同時開扉されるのと、二十年に一度の春日大社の式年造替が行われています。その行事や祭典にちなんで、興福寺の塔の内陣の文様と、春日大社創立の来歴を示す鹿曼荼羅を題材にして、日本画の画材で描く体験をしていただきます。
 
 1.日時:9月から12月の第3火曜日(9/20、10/18、11/15、12/20
 
 2.内容
  【前半】…板絵を描く(興福寺三重塔・五重塔内陣の文様を参考に)
       第1回  9月20日(火)19時00分〜21時00分
             第2回 10月18日(火)19時00分〜21時00分
第1回に興福寺の塔とその内部装飾について講義を行い、残りの時間で板絵の下地作りをしていただきます。第2回には第1回で準備した板に、塔の内陣に描かれた文様(復元されているもの)を参考して描き、彩色していただきます。
 
  【後半】…鹿曼荼羅を描く
       第3回 11月15日(火)19時00分〜21時00分
       第4回 12月20日(火)19時00分〜21時00分
第3回では、春日大社の鹿曼荼羅について講義を行い、残りの時間で実際に鹿曼荼羅(教室用に簡略にしたもの)を色紙に墨線で描いていただきます。第4回では第3回に色紙に描いた線描に彩色をしていただきます。
 
   ※前半・後半のみ、または第1回・第3回のみの受講も可能です。今回は
    第2回・第4回のみの受講も可能ですが、主な講義は第1回・第3回に
    行うので、それぞれ彩色体験として受講していただくことになります。
   (下地作りなどそれまでの準備は講師がいたします)
   
 
 3.受講料:1回の受講につき4,000円(材料費含む)※道具はお貸しします
    ※申込締切(開催日の3日前)後にキャンセルされた場合は、キャンセル料として        
     2,000円いただきます。また、お支払い方法は、まほろば館へご持参いただくか、
     現金書留での送付となりますので、あらかじめご了承願います。
 
 4.講師:中村祐子
      東京藝術大学大学院文化財保存学保存修復日本画研究室博士課程修了
      助手:黒柳奈未子
      東京藝術大学大学院文化財保存学保存修復彫刻研究室博士課程修了

 5.申込方法:
  ・ハガキまたはFAX
   必要事項(講演名・講演日・希望時間(部)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を
   明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
  ・ホームページ
   下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

 【お問い合わせ先】
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

 

この講座に申込む(申込フォームへ)

奈良学ナイトレッスン 平成28年度 第5夜new

平成28年8月24日(水)19時00分〜20時30分

女性編集者が教える、大人可愛い奈良めぐり

奈良で暮らし、地元・奈良の魅力を雑誌で伝え続けてきた女性副編集長が選りすぐった、嘘のない女子旅をこっそり教えます。女子心をくすぐるグルメ、スイーツ、雑貨、可愛いお守りをはじめ、歴史深い神社やお寺、大人女子の知的好奇心を満たしてくれるスポットをご紹介しつつ、これまで経験してきた多くの取材を通して、特に心に残ったエピソードやお役立ち情報などを交え、あれこれ脱線しながら大人可愛い奈良のめぐり方をご案内します。


★平成28年度 第5夜 

演題 

女性編集者が教える、大人可愛い奈良めぐり

白崎友美 
会場 奈良まほろば館2階
日時
平成28年8月24日(水) 19時00分〜20時30分
受講料 無料
募集人数 70名(募集人数を超えた場合は、抽選で決定します。)
受講の可否については、月17日(水)までに応募いただいた方全員にメールでお知らせいたします。 
申込方法 下の申込フォームから、8月14日(日)午後5時までにお申込みください
※受講の可否をメールでお送りしますので、携帯電話等でメールの受信制限を設定されている場合は「
mahorobakan@office.pref.nara.lg.jp」からのメールを受信できるようにしておいてください。 
※未申込みの方および落選された方のキャンセル待ちはございませんのでご了承ください。
※当選された方は当選メールをプリントアウトし、出席表としてお持ち頂きますようお願いいたします。


[講師プロフィール]

白崎友美(しらさきともみ)

奈良で育ち、奈良で暮らす編集者。旅行雑誌『るるぶ』や通販カタログ『ベルメゾン』など、様々なジャンルの媒体を制作。2011年に記紀万葉プロジェクトの先駆けとなったサイト『記紀万葉でたどる奈良』をはじめ、『なら記紀万葉名所図会〜古事記編〜』、『巡る奈良』、『祈りの回廊』など奈良県庁の観光関連の制作物を多く手掛ける。2013JR東海『うまし うるわし 奈良』サイト内のモデルコースを作成。現在は、『ぐるなび』が運営する旅サイト『ぐるたび』で奈良県内の紹介記事を定期的に公開しているほか、2015年より自社で発行する奈良の観光雑誌『ならめがね』副編集長として、ひと味違った視点で、奈良好きが思わずニヤリとする誌面を作り続けている。 

 

主催 奈良県 東海旅客鉄道株式会社

この講座に申込む(申込フォームへ)

桜を守る!吉野山を守る!new

平成28年8月21日(日)14:00〜16:00

 日本人の心につながる吉野山の桜。1300年の間大切に守られてきました。そして、今日も多くの人の思いに支えられて守られています。しかし近年、環境の変化や病虫害の発生などによりその衰退が見られ、懸念されています。そこで、町や関係団体によって「吉野山桜の学校」が設置され、長期的な視点に立って桜樹林の衰退調査や実証試験が行われています。
本講演では、吉野山の桜の魅力や地元の思いとともに、桜保全活動とその経過を紹介しながら、次の世代にいかに伝えていくかをお話しします。
[「『吉野山の桜を守る』パネル展」イベント連携講演です。]
 
1.日 時 :平成28年8月21日(日) 14:00〜(2時間程度)
2.講 師 :福井 良盟 氏(公益財団法人吉野山保勝会 理事長[前吉野町長])
        演題:「日本人の心につながる吉野山の桜」
       天野 孝之 氏(公益財団法人吉野山保勝会 樹木医)
        演題:「吉野山桜の学校の取り組み」
3.会 場 :奈良まほろば館2階
4.資料代等:無料
5.定 員 :70名(先着順)
6.申込方法:
・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日・希望時間(部)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

【講師プロフィール】
○福井 良盟 氏
奈良県吉野町吉野山在住、昭和20年7月10日生まれ、東京大学文学部印度哲学科卒業、同大学院人文科学研究科修士修了、吉野町議会議員を経て吉野町長に就任(昭和63年2月22日〜平成20年2月21日まで 5期20年)

[現在]
公益財団法人吉野山保勝会理事長、公益財団法人日本花の会評議員、吉野ユネスコ協会会長、大峯山護持院竹林院第四十一世院主

○天野 孝之 氏
樹木医、
昭和18年 京都生まれ、昭和42年 奈良県林業指導所(現奈良県森林技術センター)勤務、同事務所にて吉野林業スギ・ヒノキ林病虫害調査試験等森林保護を担当、平成3年「樹木医」資格修得、平成5〜6年 吉野山桜活性化調査に参加、平成10年 吉野山桜活性化事業追跡調査に参加、平成15年 奈良県庁退職、平成16年 樹木医4名で「樹木環境研究会議」(愛称ミルフィーユの会)立ち上げ、神社神木・鎮守の森、寺院庭園樹木、一般家庭の庭木健康診断、樹勢回復に取り組む。平成26年 公益財団法人吉野山保勝会の「吉野山桜の学校」に参加し、現在に至る。現在、奈良県や大阪府内の府県、市町主催の園芸講座・教室、園芸相談員としても活躍。


お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。
 

この講座に申込む(申込フォームへ)

連続講演「地元の人しか知らない!? 南朝の秘密」(全5回)new

平成28年8月20日(土) 17:00〜18:00

〜第5回 「吉野山と太平記」〜

  建武の新政の後、足利尊氏に京を追われた後醍醐天皇は、再起を目指すための拠点として吉野を選び、南朝をひらきました。後醍醐・後村上・長慶・後亀山4帝にわたる南朝57年の歴史の中で、吉野で何が起こったのか。地元の人が知る、ディープな南朝をお話しします。[「南朝哀史の里 吉野〜後醍醐天皇の生涯〜」イベント連携講演です。]
【主催】吉野町文化観光交流課、奈良まほろば館

 

1.日 時 : 平成28年8月20日(土) 17:00〜(1時間程度)
2.講 師 : 田中 敏雄 氏(吉野ビジターズビューロー 専務理事)
3.会 場 : 奈良まほろば館2階
4.資料代等: 無料
5.定 員 : 70名(先着順)
6.申込方法:
・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日・希望時間(部)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

 

この講座に申込む(申込フォームへ)

元興寺五重小塔の不思議

平成28年8月12日(金) 14:00〜15:30

 元興寺の総合収蔵庫に入ると、まず目に付く五重小塔。一見すると新しい模型のように見えますが、その部材の大半は奈良時代のもので、建造物として国宝に指定されており、今に遺る奈良時代最盛期の唯一の五重塔として有名です。
 では、この小塔が何のために造られたのか、かつて江戸時代後期に火災に遭って失われた五重大塔との関連性があったのかなど、様々な疑問が思い浮かびます。
 今回の講演では、五重小塔が所蔵されている元興寺から講師をお招きし、五重小塔に残る様々な不思議について、元興寺の歴史にも触れながらお話しいただきます。
[「大和の国宝−五重塔・三重塔−」イベント連携講演です。]
 
1.日 時 : 平成28年8月12日(金) 14:00〜(1時間半程度)
2.講 師 : 辻村 泰善 師(元興寺 住職)
3.会 場 : 奈良まほろば館2階
4.資料代等: 無料
5.定 員 : 70名(先着順)
6.申込方法:※定員に達したため、申込みを締め切りました。
・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日・希望時間(部)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

 

奈良女子大学連続講座「奈良を拓く」(第16回)

平成28年8月10日(水)16時30分〜18時00分

ガイドブックが書かない世界遺産の見どころ

奈良まほろば館では、奈良女子大学と連携して連続講座を開講しています。奈良女子大学より講師をお招きし、大学における専門の研究テーマを分かりやすく、かつ魅力的に語っていただきます。
第1〜15回の講座にご参加になれなかった方も、是非お申し込み下さい。


1.日 時 : 平成28年8月10日(水) 16:30〜(1時間半程度)
2.演 題 : 「ガイドブックが書かない世界遺産の見どころ        
 奈良県に所在する世界文化遺産を取り上げるガイドブックが、書店にあふれるほど並んでいます。写真やイラストがふんだんにあり、多くのことを教えてくれます。けれども、専門家の目から見れば肝心のことが書いていません。その一つが、古代の寺院が宗教の拠点として建設されているのはもちろんですが、実は寺院を美しく造ろうとデザインする人物がいたらしい、ことです。そこで、法隆寺西院伽藍、薬師寺東塔、唐招提寺金堂を取り上げ、建築の見どころを紹介します。この3つ寺院には、丁寧に観察しないと気付かない工夫があるからです。美しさを伝えようとした工夫はどういうものか、皆さんと一緒に確かめて行きたいと思います。

3.講 師 : 上野邦一 氏(名誉教授)
4.会 場 : 奈良まほろば館2階
5.資料代等: 無料
6.定 員 : 70名(先着順)
7.申込方法:※定員に達したため、申込みを締め切りました。
 ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館あてご送付ください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。
 

「興福寺国宝特別公開2016」特別講演

平成28年8月6日(土) 14:00〜15:30

 奈良・興福寺では、≪天平の文化空間の再構成≫をスローガンに再建事業の一環として、普段は非公開の堂宇や諸尊の特別公開が開催されています。今年は、古都奈良のシンボルともいわれる五重塔と三重塔の初層が公開されます。2つの塔が同時に開扉されるのは今回が初めてで、奈良を訪れるまたとない機会となっております。
 この機会に合わせ、興福寺から講師をお招きし、今回の特別公開の見どころについてお話しいただきます。
[「大和の国宝−五重塔・三重塔−」イベント連携講演です。]
 
1.日 時 : 平成28年8月6日(土) 14:00〜(1時間半程度)
2.講 師 : 辻 明俊 師(興福寺 執事)
3.会 場 : 奈良まほろば館2階
       ※ エレベーター設備の工事のため、エレベーターの利用ができません。
         
2階へお越しの際は階段をご利用下さい。
4.資料代等: 無料
5.定 員 : 70名(先着順)
6.申込方法:※定員に達したため、申込みを締め切りました。
・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日・希望時間(部)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

 

奈良時代の女性たちの祈りを歩く

平成28年8月4日(木)19時00分〜20時30分

「奈良時代の女性たちの祈りを歩く」は、時空を超え、女性の生き方について学ぶヒントを得ることもできる講座です。

 奈良時代は元明・元正・孝謙称徳の3人の女帝を筆頭に女性が活躍した時代。

 この時代の女性たちについて、現代の奈良で活躍をする女性2人がトークセッションします。

今回は元明天皇、元正天皇、孝謙・称徳天皇、光明皇后、中将姫にスポットをあて、ゆかりの社寺や史跡めぐりが更に楽しくなるお話をします。

また、案内人の倉橋みどり、生駒あさみおすすめの宿やお店、穴場の紹介なども予定しています。

 

 

1.日  時:平成2884日(木)19時〜(1時間半程度) 

2.講  師:倉橋みどり氏、生駒あさみ氏 講師プロフィールは下記参照

3.会  場:奈良まほろば館2階

4.資料代等:500

5.定  員:70名(先着順) 

6.申込方法: ※定員に達したため、申込みを締め切りました。
    ・ハガキまたはFAX
   必要事項(講演名・講演日・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、
   奈良まほろば館までお送りください。
  ・ホームページ
   下記の「申込フォーム」からお申し込みください。
 

 【講師プロフィール】
倉橋みどり

奈良市在住。フリーの編集者・ライターとして25年のキャリアを持つ。著書に『祈りの回廊を歩く』(飛鳥園)、『奈良大和路の紅葉』(淡交社)など。NPO法人文化創造アルカ理事長。奈良市入江泰吉旧居コーディネータ−、奈良市文化振興計画推進委員、武庫川女子大非常勤講師。NHK文化センターほかで社寺めぐりの講座を多く担当する。

 

生駒あさみ
 

2014年に奈良に移住。東京に住みながら18年前から奈良に通い続ける。奈良の行事や情報を掲載した「奈良旅手帖」を毎年刊行。雑貨店「旅とくらしの玉手箱 フルコト」「雑貨カフェBARことのまあかり」の運営、「なら記紀万葉名所図会」「祈りの回廊」(発行・奈良県庁)などの企画・編集・ディレクションを手がける。主な著書に、奈良のガイド本『ふたりでいく奈良』(アスキーメディアワークス・現KADOKAWA)、『奈良旅ちょこっとアドバイス(多田みのりとの共著)』『洞川帖』『ならびたり』(フルコト社)などがある。

※関連ホームページ http://naranoinori.info/

 

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00

 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932

※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※キャンセルされる場合は事前にお知らせください。

仏像の修復のお話と仏像彫刻体験

平成28年7月31日16:00〜

 「あなたのお気に入りのあの仏像もきっと一度は直されている」       
 仏像修復をとおして、仏像の魅力を再発見してみませんか。         
 よく知っているとおもっている奈良の仏像も新たな発見があるかもしれません。
 後半は、小さくてかわいい仏さまのお顔を彫る仏像彫刻体験。        
 自分だけのオリジナル仏像を制作します。                 
 簡単な、仏像彫刻体験ですのでどなたでもご参加いただけます。       

1.日 時 : 平成28年7月31日(日)16:00〜(2時間程度)
2.講 師 : 久保暁子氏(文化財
修復師)
3.会 場 : 奈良まほろば館2階
        ※ エレベーター設備の工事のため、エレベーターの利用ができません。
          
2階へお越しの際は階段をご利用下さい。

4.材料費 : 2,000円
5.持ち物 : カッターナイフ、鉛筆(下書き用)
6.定 員 : 20名(先着順)
7.申込方法 :※定員に達したため、申込みを締め切りました。
 ・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、
 奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932

※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

「大和を掘る34−2015年度発掘調査速報展−」見どころ案内new

平成28年7月30日(土)13:00〜14:00 15:00〜16:00

 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館で開催される大和を掘る34−2015年度発掘調査速報展−」にあわせて、奈良まほろば館でもこの展覧会を紹介するパネル展示を行います。また、本展の企画を担当した奈良県立橿原考古学研究所附属博物館の 重見 氏から、奈良県内でおもに2015年度に実施された発掘調査の成果について、出土遺物や調査写真・図面パネルで展示紹介する速報展「大和を掘る34」の見どころ解説を行っていただきます。
[「『大和を掘る34−2015年度発掘調査速報展』ブリーフガイド」イベント連携講演です。]
 
1.日  時:平成28年7月30日(土) 
       第1部 13時00分〜/第2部 15時00分〜(各部1時間程度)
       ※第1部と第2部は同じ内容です。
2.講  師:重見 泰 氏(奈良県立橿原考古学研究所附属博物館 主任学芸員)
3.会  場:奈良まほろば館2階
       ※ エレベーター設備の工事のため、エレベーターの利用ができません。
         
2階へお越しの際は階段をご利用下さい。
4.資料代等:無料
5.定  員:各部とも60名(先着順)
6.申込方法:
・ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日・希望時間(部)・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までお送りください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

 

この講座に申込む(申込フォームへ)

奈良女子大学連続講座「奈良を拓く」(第15回)new

平成28年7月27日(水)16時30分〜18時00分

保田与重郎とロマン主義について

奈良まほろば館では、奈良女子大学と連携して連続講座を開講しています。奈良女子大学より講師をお招きし、大学における専門の研究テーマを分かりやすく、かつ魅力的に語っていただきます。
 第1〜14回の講座にご参加になれなかった方も、是非お申し込み下さい。


1.日 時 : 平成28年7月27日(水) 16:30〜(1時間半程度)
2.演 題 : 「保田与重郎とロマン主義について        
 大物主大神の鎮まる三輪山の所在する奈良県は桜井市出身の文学者、保田与重郎は、戦時中、日本的ロマン主義を唱えて若者に絶大な影響を与え、そして戦後は三島由紀夫が評したように、《海中深く廃棄された放射性物質》のごとき扱いを受けた人物です。彼が故郷について語ることは、海に散ってゆく若者にとっては、日本そのものを故郷として捉え返すことでした。そんな保田に思いを馳せながら、文学とはなにか、歴史とはなにか、そして故郷とはなにかについて、考えてみたいと思います。

3.講 師 : 田中 希生 氏(人文科学系助教)
4.会 場 : 奈良まほろば館2階
5.資料代等: 無料
6.定 員 : 70名(先着順)
7.申込方法:
 ハガキまたはFAX
 必要事項(講演名・講演日・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館あてご送付ください。
・ホームページ
 下記の「申込フォーム」からお申し込みください。

<予告> ※開催日約1ヶ月前より募集を開始します。
第16回(平成28年8月10日(水)16:30〜18:00開催予定)
 演題 「ガイドブックが書かない世界遺産の見どころ
 講師  上野 邦一 氏(名誉教授)


お問い合わせ先
 奈良まほろば館 【開館時間】 10:30〜19:00
 〒103−0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2F
 電話03−3516−3931 / FAX03−3516−3932


※聴講券等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※申込後にキャンセルされる場合は事前にお知らせください。

この講座に申込む(申込フォームへ)

南都法話会new

平成28年7月20日(水)、9月7日(水)、10月12日(水)、11月9日(水)、12月7日(水)、平成29年1月18日(水) 14時〜15時30分

奈良から僧侶をお招きし「なるほどの話」が聞けると好評の法話会がスタートします。
今年度の開催予定は以下のとおりです。
 
第1回 平成28年7月20日(水)
※終了しました。
興福寺・多川良俊 師
第2回 平成28年9月7日(水) 唐招提寺・松浦康昭 師
第3回 平成28年10月12日(水) 東大寺・平岡慎紹 師
第4回 平成28年11月9日(水) 影現寺・深水弘裕 師
第5回 平成28年12月7日(水) 西大寺・工藤顕任 師
第6回 平成29年1月18日(水) 薬師寺・生駒基達 師
     
定員 各回70名 
※応募者多数の場合は抽選します。当選者にのみ聴講券を開催日の2週間前までに発送します。
時間  午後2時〜午後3時30分 
聴講料  無料
会場 奈良まほろば館2階 

申込方法  締め切りは各回1ヶ月前(郵送の場合は前月同日の消印まで。)
ハガキ  必要事項(講演名・講演日・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・年齢)を明記いただき、奈良新聞社東京支社までお送りください。ハガキ1枚につき1回のお申込みです。
ホームページ  下の「申込フォーム」からお申し込みください。 
申込書  奈良まほろば館で配付の申込書に必要事項を記入し、観光コンシェルジュに手渡してください。 


事務局:奈良新聞社東京支社
     〒104-0061東京都中央区銀座8−12−3 SRビル6階
     電話 03−5565−0031
  

<<お願い>>
・申込受付後に欠席される場合は事前にお知らせください。
・お知らせいただかずに欠席された場合は、今後ご参加いただけない場合があります。限られた定員のため、ご理解を賜りますようお願いいたします。

この講座に申込む(申込フォームへ)

まほろば倶楽部 奈良カルチャー教室new

平成28年4月〜

奈良まほろば館ならではの文化講座です。
奈良の魅力に触れていただけるような内容を盛り込んだ講座を開催しています。
心の休息を求めて、ご参加下さる皆様のお越しをお待ちしております。

◆写経教室(定員20名(先着順))
奈良の法相宗大本山薬師寺からお坊様をお招きし、写経を行います。
この教室では「写経」を行うだけでなく、お坊様より普段は聞くことの出来ない「法話」をお伺いします。
法話を通して奈良の魅力にも触れていただく絶好の機会です。 
完成した写経は、薬師寺の納経堂に納められ永代供養されます。1回だけの受講も可能です。
 ※写経は般若心経又は父母恩重経をお選びいただけます。
 

  
日時: 8月5日(金)、9月9日(金)、10月20日(木)
19:00〜21:00                 
資料代等: 1回3,000円(写経納経料含む)
※道具はお貸しいたします。  
講師: 生駒 基達 師(薬師寺 執事)

※以前行った教室の様子です。



■申込方法 
ハガキまたはFAX 必要事項(教室名・講演日・住所・氏名(ふりがな)・電話番号・FAX番号・年齢)を明記いただき、奈良まほろば館までご送付ください。
ホームページ 下記「申込フォーム」からお申し込みください。
   
お問い合わせ
 
 奈良まほろば館  【開館時間】10:30〜19:00
  〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1−6−2 奈良まほろば館2階
  TEL:03-3516-3931 /  FAX:03-3516-3932

※参加証等の発行はいたしません。定員に達し、お断りする場合のみご連絡いたします。
※受講料は当日開始前に頂戴いたします。
※受付は開始30分前から行います。開始10分前までにお越しください。
※キャンセルされる場合は事前にお知らせください。 

この講座に申込む(申込フォームへ)

過去に開催したイベントはこちら